マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ガンツ・シェーン・クレバー / ガン・シュン・クレバー
  • ガンツ・シェーン・クレバー / ガン・シュン・クレバー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2018年~

ガンツ・シェーン・クレバー / ガン・シュン・クレバー

メーカー・卸元:アークライト

日本語マニュアル付き
繋がるコンボ! 爽快なプレイ! 戦略と選択のダイスゲーム!

 あなたがダイスを振れば、それが『ガンツ・シェーン・クレバー』スタートの合図! ダイスの出目を賢く(クレバーに)利用して、手元のスコアシートを埋めましょう。

 ハイスコアを目指すには、ダイスの選択とタイミングも重要です。一定の条件を満たせば繋がるコンボで、ライバルを引き離しましょう!

 爽快なプレイ感は、何度も何度も遊びたくなること請け負い。ハマると抜け出せなくなる「中毒性」にご注意を。

 2018年のドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門ノミネート作品が完全日本語版になって登場!

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 19件

戦略やコツ
1447名が参考
3年以上前

※これを読むことでこのゲームがつまらなくなる可能性がございます。

(いつもはふざけた投稿も多いですが今回はフリじゃなくてガチで言ってます)


ネットで遊べることをここの掲示板で教えていただき、最高点はいくつなのか、またどう進めていけばいいのか荒くですが計算してみました。サイトURLhttps://m.brettspielwelt.de/ganzschoenclever/


つまりこのまま以下を読み進めていくと、"ゲーム終了時にこの形にしてください"ということが明示されています。(ソロプレイ想定ですが、対人戦も目指す形としては一応一緒だと思います)



そんなのを知って今後もこのゲームをできますか?

最高点を狙ってみたい方以外はここから先は読まないほうがいいかもしれません。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








最高得点はおそらく334点。


形は以下の画像のようにします。





あ、まちがえました。

(まあ、サムネイルでネタバレしないようにね)



この形です。

一つも違わずこの形を目指してください。


では実際この点数をみてみましょう。




無知の状態から、20戦やってできました。

この形を考えてからは運が良くて5戦目くらい。


(ちなみに僕の最高点はこの記事の最後に載せています。)


これ以上の点数を取るためにすることは決まっています。

オレンジと紫をできる限り6で取り続けることです。

(注:オレンジはブルーゾーンのボーナスで一つは必ず5になりますね)


この画像では11点分損していますので。ここをどれだけつめていけるかで点数が伸びます。


(ちなみに僕は柔軟性のないヤッツィーやってる気分でした。)



・まず初歩的な戦略について

各ボーナスは効率よく使いましょう。

当たり前ですが残りのボーナスの個数は常に意識する必要があります。

黄、青Xは各3回、緑Xは1回、紫6は2回、オレンジ5は1回です。

一手も余裕はないので余らせないように注意してください。


・各ゾーン戦略について

オレンジゾーンゾーン

先ほど上述したように最後はいかに6ダイスでその2色を埋められるかです。

理想的な状況として、"+1ボーナス"はこのゾーンで使うことができればそれだけ点数が伸びるでしょう。使えるチャンスがあれば使っていってしまって構わないと思います。(あくまで理想です)

ちなみにそのボーナスは紫>オレンジで考えてください。なぜなら紫の方が進めていく難易度が高いからです。

同様の理由で第4ラウンドの"X/6ボーナス"は紫で使いたいです。

※下の追記の欄にも書いたのですが、最も"+1ボーナス"を使うべき所(必ず6にしなければならない場所)はオレンジの×2マスでした。ここは他のマスの2マス分ですので確実に6にしておくべきです。


緑ゾーン

ここはもっとも難易度が低いです。若干キツイのは"≧5"を乗り越えるかです。

早めに手前で止めておいて、"緑X"を使えれば非常にスムーズにいけるかと思います。


黄ゾーン

理想的な進め方は30点とることやキツネ回収は後回しで"青X"や"+1ボーナス"を得られる列から揃えていけたらスムーズです。

また、他のエリアで"黄X"が3回得られると思うのですがここはできる限り5や6で適応させたいです。

なぜなら高い数字ダイスは黄色でなく、オレンジや紫や青で使いたいのです。

言い換えると、黄色いダイスは低い数字(1、2投目)でとっておきたいのです。


青ゾーン

極端に高い数字、低い数字は"青X"で埋めるのは基本ですね。2,3,4,10,11,12ここら辺を終盤残しすぎると青Xだけでカバーが効かずに非常に厳しいです。特に高い数字は埋めにくいです。オレンジ紫も取りたいですから。

そしてここは早めに埋めていきたいゾーンです。

具体的にいうと僕は3ラウンド終了時に半分近く埋めてます。(白と青はほぼここのためにピックしてます)

埋める個数が11個もあるので単純に数が多いですし、やはりピンポイントで狙って埋めにくいのです。

もう一度言いますが、先に埋めていって"青X"で補完していく、これが一番安定します。


最後に、

これはダイス運なので334点を目指す場合、毎回この形を作ることは難しいかもしれません。

ただある程度操作はできます。

黄色ゾーンの説明で少し触れたことですが、3回ダイス選択するチャンスのうち、1,2投目に取るのに適しているのは黄色。3投目は当たり前ですが、オレンジや紫ですね。

青は常に積極的にとって埋めていくこと。

緑は他が微妙な時ですね。


ちなみに出た目が全部欲しいってなった時の優先順位は、

①334点を目指すなら>オレンジ>>>(一切の妥協知らずのあなたに)

②安定して高得点を出すなら>>>>オレンジ(点数さえこだわらなければオレンジは事故が起きないので)

これを意識するとやりやすいかもしれません。


そして対人戦なら②の戦略を取ると勝てると思います。

コツさえつかめば250は楽に超えます。


ぜひ324点以上とったら教えてください。

必要なのは時間と運だけです。誰でも抜けます。


(偉そうにこれだけ書いといて、これよりいい戦略があったら凄い面白い )


<追記>

翌日に324点だしました。(最後の相手のオレンジも白も2という運のなさ・・・)

毎回オレンジゾーンの×2のマスが10点とかなんですけど、ここは"+1ボーナス"使ってでも絶対12点にすべきですね。他のマスの2マス分価値があるので。勿体無いです。

(写真削除しました)


<追記に追記>

さらにその翌日に330点出しました。

(どんだけ暇なんだって思われるかもしれないんですけど合間合間の休憩時間にやってたら取れちゃいました。1日30分もやってないです。本当なんです・・・)


正直320点台はいけます。

でも330点台はなかなか難しいはず。


さすがにもうやりません。

続きを見る
閉じる
仙人
かえるきんぐだむ
かえるきんぐだむ
ルール/インスト
776名が参考
3年以上前

YouTube 「Jin's ボードゲームチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UC_GBmG4nf3yUkaLWfvqj86g 

チャンネル登録お願いします。


Twitter @jins_h

https://twitter.com/Jins_h

続きを見る
閉じる
大賢者
Jins_h
Jins_h
レビュー
599名が参考
3年以上前

ダイスゲーなのにエキスパート部門!?っていう普通の感想を持ってのプレイ。


ダイスと個人シートに書き込む系だと、ドゥードゥルシティも割と好きなので、良いジャンルだと思います。個人的に。

で、インストしてもらいつつ、どこが強いかとかどうやって点を取りに行くかとかだいたいどこで何点取れるといいだとか、そういう戦略的なアドバイスももらいつつの初プレイ!


黄色はあんまり、緑は強い、なんやかんやでまんべんなくとりつつ狐が強い、という話を聞きましたが、どうなんだろう。


紫を取れなさすぎたのが痛手。でもとりあえず200点は超えた。理論的には300点行けなくもない、200点後半はかなり熱い、って聞いた気がする。

面白かったので翌日買いました!!!ソロプレイしたいなー。

続きを見る
閉じる
まつなが
まつなが
レビュー
425名が参考
3年以上前

6/10

今の時代をときめくザ・マインドのデザイナーの2018年ドイツ年間ゲームエキスパート大賞ノミネート作品。

2013年のノミネート作品「クウィックス」あたりからダイス振って紙に書き込む系のゲームが生まれて、派生作品がたくさんできたが、ノミネートされるのは久しぶりかな(エキスパートは多分初)。

エキスパート賞にノミネートされるだけあって、他のゲームよりは考えるところが多く、ダイスの色それぞれにいろんな得点方法があり、さらにそれぞれにボーナスが設定されているので、高得点とるにはかなり戦略がいるゲーム。

ただ、やっぱりダイスゲーではあるので、結構運の比率は高く、クウィックスはじめ、この手のダイスゲーの中でも、そこまで「おお!」となるゲームでもないので、ゲーム的には評価5あたり。

だったのだが、なんと最近、このゲームのメーカーがオンラインプレイ版を無料公開!

オンライン版でやると、とってもサクサクで早ければ10分くらいで終わるのも魅力で最高!

言語依存もないし、ダイスゲーの王道「ヤッツィー」と同じくらい何度もやってしまうゲームになっており、この点を評価して+1とした。

ボードゲーム的には、あえてこのゲームを選ぶ意味はあまり無い気もするが、ザ・マインドのデザイナーの3作品同時ノミネートでもあるので、そこが気になる人がやる感じのゲーム。

続きを見る
閉じる
白州
白州
レビュー
392名が参考
3年以上前

★8(個人的10段階評価)


過去のシート&ダイスゲーの良いとこどりゲーム。


かなりお気に入りのゲームです。パズルゲーで大事なのって個人的には「もう一回!」となるかどうかだと考えているのですが、その意味でハイスコアを求めて何度も繰り返したくなる今作はとても良作かと。


ルールとしては、「複数のダイスを転がして、一つ選び、シートを埋める」というまぁ百回ぐらい聞いた流れなのですが(笑)。今作の特徴として、シートの見た目からも伝わる通り、賽の目で埋める部分のルールが複数あります。


ビンゴ形式だったり。

昇順形式だったり。

出た目をそのまま無条件に記入出来る場所だったりと。


要は「今まであったダイスゲームの要素を一つのシート状に集めた」印象なのですが、そのおかげで、サイコロ運に恵まれなくても「じゃあ今回はあっちのマスを埋めてお茶を濁そう」という選択が取りやすく、結果としてプレイ中はキリキリしすぎないで楽しく遊べるゲームになっています。


勿論運は絡むのですが、だからこそ決まった最適解もなく、何度も遊びたくなる良作ですね。


その軽さもあって、我が家では意外とよく回るゲームの一つです。


初心者やパーティ向けというよりは、少人数で空いた時間にサクッと遊んで満足を得るタイプのゲームですね。


あ、ちなみにシートは結構な量が入ってますので、すぐ尽きる心配はいらないです。なんとなればサイトからの印刷もありますので。

続きを見る
閉じる
すあま
すあま
レビュー
349名が参考
約3年前

6つ(6色)のダイスをじゃらっと振って、1つの出目をチョイスします。その出目未満のダイスを除いて、残ったダイスを2回目、3回目と振って手番が終了します。

チョイスした出目で、個人シートにチェックを入れ、5色のエリアで変則ビンゴを行い勝利点を競います。

チェックしたマス・列に応じて、追加チェックやアクションができて連鎖も狙えます。

シートの数字の並び(やマスのチェック条件)は全員共通で、どの数字からチェックしていくかにプレイヤーの選択がからむ所が通常のビンゴとは逆です。

運とチョイスと(連鎖に繋がるエリア同士の)シナジー効果が楽しめて、プレイヤー間の相互作用もあり、ボードゲームらしさがテーマ性を削ぎ落としたような外見につまっています。

もしかしたら、テーマ性が無いことで人によってはゲームの全体像をつかむのに少し時間が掛かることがあるかもしれません。

続きを見る
閉じる
勇者
焼き芋
焼き芋
レビュー
342名が参考
3年以上前

 3人でプレイした感想です。

 2018年KDJにノミネートされている、紙ペン・ダイスゲームです。

 このところシュミット・シュピールからは、昨年のアンコールに引き続き紙ペン&ダイスゲームが出されていますが、今回は話題のヴォルフガング・ヴァルシュがデザインしています。

 専用の紙を用いて、6色のダイスを振り、色に応じた出た目の数を消していく、または得点を重ねていき、最終的には一番得点の高いプレイヤーの勝利となります。

 ただし、ダイスを振って出た目の数未満の数字のサイコロは、お皿の上に没収され、他のプレイヤーが使えるダイスとなります。

 また、手番プレイヤーは最大3つのダイスを使用できますが、それ以外のダイスは、お皿の上に置くことになり、やはり他のプレイヤーが使えます。

 そのため、自分の手番以外でもほぼダウンタイムはなく、熟考しながらゲームが楽しめます。

 そういう意味で、他のプレイヤーに対して、あのダイスを取った方が良いんじゃないのとか、あれ取るとコンボが決まるよなど、いろいろとチョッカイが出せるのが、面白かったです。

 また、ダイスの振り直しアクションや、出た色と目をもう一回使用できる追加ダイスアクション、ボーナスによるコンボがあったりで、終盤になると急に一気に高得点が狙えます。

 プレイしてみた感想は、コンボをどう決めるかや、ダイスの振り直すタイミングなど、非常に悩ましく考えさせてくれるゲームだと思います。

 結果は、私が223点で1位、Gさんが207点で2位、Nさんが198点でしたが、ダイス1つの差が明暗を分けました。 

 ちなみに、私的には、3歳児のお昼寝の際にソロプレイができることもありがたいと思っております。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
戦略やコツ
322名が参考
2年以上前

このゲームは2018年度のドイツ年間エキスパートゲーム大賞のノミネート作品であり、その大賞を取ったクアックサルバーも、同じくドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたザ・マインドも彼の作品であった事で随分と話題になりました。このガンツ・シェーン・クレバーはダイスゲームなのですが、コンポーネントはダイスが6個(各6色)とスコアシートが1冊とペンが4本となっています。どこかで見た様な…と思ったら、2013年度のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたクウィックスにその話題性からコンポーネントに至るまで良く似ていますね。どちらもそれなりに面白いのですが、ガンツ・シェーン・クレバーの方が戦略性が高いのは確かだと思います。しかしその攻略法は確立してしまっているので、あの隠れた名作であるダイスビンゴと同様に微妙な感じではあります。その意味では、ソロプレイよりもやはり相手との絡みもある対戦の方が未だしも楽しめるのでしょうね。BGGでは適正人数は2人となっていますがデザイン的には3人がベストです。


Facemanさんの日記「ガンシュンクレバー攻略」

https://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=6062&id=1967500708

ガンツ・シェーン・クレバー、かえるきんぐだむさんの戦略やコツ

https://bodoge.hoobby.net/games/ganz-schn-clever/strategies/9522

※ 上記のサイトで考察されているのはソロプレイ時、若しくは2人プレイ時の戦略についてです。しかしゲームデザイン的には3人プレイを想定している筈で、ダウンタイムさえ気にならなければ是非とも3人でプレイすべきです。その方が戦略の幅が広がります。


[ソロプレイと2人プレイ時]
ダイスの記入回数:手番での3回と非手番での1回を合わせた4回×6ラウンド=24回。
それに追加ダイスアクションが6(7)回使えるので、24回+6(7)回=30(31)回。
(他に各種ボーナスも適用されます)

●黄H型:緑9、橙6、紫11で326点。ダイスアクションは7回。キツネは3個。
★黄エ型:緑9、橙6、紫7で最高得点334点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
★黄H型:緑9、橙7、紫7で314点。ダイスアクションは6回。キツネは3個。
★(黄H型:緑9、橙8、紫6で314点。ダイスアクションは6回。キツネは3個)
☆黄エ型:緑8、橙6、紫7で325点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
☆黄H型:緑7、橙8、紫7で325点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。

※ 狙うべきは、黄エ型:緑9、橙6、紫7で最高得点334点の一択。


[4人プレイ時]
ダイスの記入回数:手番での3回と非手番での3回を合わせた6回×4ラウンド=24回。
それに追加ダイスアクションが6(7)回使えるので、24回+6(7)回=30(31)回。
つまり上記と同じ。

※ 狙うべきは、黄エ型:緑9、橙6、紫7で最高得点334点の一択。


[3人プレイ時]
ダイスの記入回数:手番での3回と非手番での2回を合わせた5回×5ラウンド=25回。
それに追加ダイスアクションが6(7)回使えるので、25回+6(7)回=31(32)回。

●黄エ型:緑9、橙6、紫11で最高得点358点。ダイスアクションは7回。キツネは4個。
●黄H型:緑9、橙7、紫11で338点。ダイスアクションは7回。キツネは3個。
★黄エ型:緑9、橙7、紫7で346点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
★(黄エ型:緑9、橙8、紫6で346点。ダイスアクションは6回。キツネは4個)
★黄H型:緑9、橙8、紫7で350点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
☆黄エ型:緑7、橙8、紫7で355点。ダイスアクションは6回。キツネは5個。
☆黄H型:緑8、橙8、紫7で341点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。

※ 狙うべきは、黄エ型:緑9、橙6、紫11で最高得点358点と
        黄エ型:緑9、橙7、紫7で346点と
        黄H型:緑9、橙8、紫7で350点と
        黄エ型:緑7、橙8、紫7で355点との4択。


※ 【バリエーション】ソロプレイと2人プレイ時と4人プレイ時には、例えば第1ラウンドで振り直しボーナス1つと共に追加ダイスボーナスも1つ得られるとしても良いのではないかと考えているのですが如何でしょうか?これで3人プレイ時と同様に楽しめます。


ここにガンツ・シェーン・クレバーのソロプレイ用の無料ブラウザが紹介されているので試して見ては如何でしょうか。但し先に述べた様に本当は3人で遊ぶべきだと思います。
「Seesaa お金ないんでルール読んで妄想遊戯」

http://okanenainde.seesaa.net/article/460360707.html


こちらに隠れた名作、ダイスビンゴのソロプレイ用の無料ブラウザが紹介されています。
【Würfel Bingo】 ハインツ・ウッペン 【ダイスビンゴ】

https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947768528&owner_id=9724239


それにしても…ダイスゲームでのソロプレイという事であるならば、やっぱりヤッツィーが最強だとは思いますけどね。

続きを見る
閉じる
国王
Ejima Norihiko
Ejima Norihiko
リプレイ
283名が参考
3年以上前

 3歳児が昼寝に入ったので、コソコソとガンシュンクレバーのソロプレイをしました。

 前半の3ラウンドまでは、思いの外ダイス目が悪く、何度か振り直してしまい、後半の4ラウンド以降に振り直しができなかったのがあと少し点数が伸びなかった原因の1つです。

 もう一つの原因は、黄色に手をかけすぎたこと。緑色に手をかけていれば、後半のコンボと点数の伸びに役立ったのではと思います。

 ただ、橙色と紫色に手をかけていたので、後半は怒濤のコンボが決められました。コンボを連発で決められると、本当に気持ち良くプレイができて嬉しいです。

 また、度々ソロプレイも皆とも遊びたいゲームですね。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
273名が参考
3年以上前

6色のサイコロをふって、3つを選んで、

それぞれの色のシステムに従ってマスを埋めていき、

点数を取っていく、シートに書き込み式のゲームです。

 

ダイス大嫌いな私ですが、特に問題なくできました…。

自分の手番以外に、人の選んでいないダイスから

1つ選択してマスを埋めることができるのがいいのかなぁ?

3回振れるから大丈夫なのかなぁ?

 

ゲームが進んでいくと、コンボが決まる瞬間があって、

そこが爽快でしたね。

 

まあ、ダイス運のなさは、

6ターン目で、振り直しも使い切っていて、

2つしかダイスを選ぶことができなかったので、

やっぱりダイスとは仲良くできてないなと思いました。

 

でもリプレイしたいと思えるゲームでした。

面白い!

続きを見る
閉じる
仙人
YON
YON
ルール/インスト
258名が参考
12ヶ月前

ゲームの目的
 ダイスの出目をシートに記入して得点を稼ぐ

ゲームの流れ
 自分の手番になったら、以下のアクションを実行する
 1.残っている全てのダイスを振る
 2.好きなダイス1個をシート左上のスペースに置く
 3.ダイスと同じ色のスペースに記入する(白はどの色でもOK)
 4.選んだ出目より低いダイスを全てシルバートレイに置く
 以上の処理を3回行うか、残っているダイスがなくなったら手番終了になる

 手番プレイヤー以外のプレイヤーは、シルバートレイにあるダイス1個を選び、
 ダイスと同じ色のスペースに記入する
 複数のプレイヤーが同じダイスを選ぶことができる
 シルバートレイのダイスを使用できない場合、
 手番プレイヤーが獲得したダイス1個を使用することができる
 全てのプレイヤーが記入したら、手番が移る

得点

黄色

エリアに書かれたダイス目を1つチェックする
1つの列がすべてチェックされると、列の下に書かれた星の数字に○印をする
丸で囲まれた数字がすべて得点になる

青色

青と白の出目の合計をチェックする
白ダイスを青色エリアに使用する場合も同じ
チェックした数に対応する星の数字が得点になる


緑色・オレンジ・紫色の矢印があるエリアは左から順番に記入する
緑色

ボックスで指定された数字以上の出目の場合にチェックする
最後に記入したボックスの上の星の数字が得点になる

オレンジ

出目を記入する(「x2」は出目を2倍、「x3」は3倍にする)
記入した数字の合計が得点になる

紫色

前のボックスの数字よりも大きい数字を記入する
「6」の次は好きな数字を記入できる
記入した数字の合計が得点になる

キツネ キツネ1つにつき、点数が最も少ない色エリアと同じ得点になる

追加アクション
 追加アクションを得たら、対応するボックスに○印をする
 アクションを使用する場合、ボックスにチェックを入れる
 好きな回数の追加アクションをチェックした数だけ実行することができる

 ・ダイスの振り直し
  手番プレイヤーだけが使用できる
  今ロールしたサイコロを全て振り直す
  シルバートレイ上やすでに確保したダイスを振り直すことはできない

 ・追加ダイス
  プレイヤーの手番終了時に使用できる
  手番プレイヤー以外のプレイヤーも使用することができる
  6個のダイスの好きなダイスを選ぶことができる
  複数の追加ダイスを使用することもできるが、
  追加ダイスはそれぞれのダイスにつき1回だけ選択する

ボーナスダイス
 ボックスの下にあるボーナスは数字を入力したとき、
 行や列の終わりにあるボーナスは全てのボックスをチェックしたときに得る
 ボーナスダイスを得たら、対応するスペースに即座に記入する
 4ラウンドの開始時のボーナスでは、好きなスペース1つを選ぶ
 黄色・青色・緑色はチェックを入れ、オレンジ・紫色は「6」を記入する

ゲームの終了
 4人なら4ラウンド、3人なら5ラウンド、1~2人なら6ラウンドでゲーム終了になる
 ゲームシートの裏面にあるスコア表に、各プレイヤーのエリアの得点を記入する
 各プレイヤーが得たキツネの数に、色エリア中の最低点を乗算して得点を記入する

 最も合計得点の高いプレイヤーの勝ちになる
 同点の場合、色エリアごとで最も得点の高いプレイヤー
 それでも同点の場合、引き分け

続きを見る
閉じる
仙人
TJ
TJ
レビュー
217名が参考
3年以上前

エキスパート部門なのはちょっと疑問?なダイスゲーム(軽めという意味で)だけど、内容はめちゃくちゃおもしろい!

基本はシンプルなサイコロと紙ペンゲームなのに、中毒性と頭を悩ませる要素がありまくり!


他の人の盤面まで気にしてダイスを選択できると強そうだけど点数を稼ぐためには自分の点が高くなるところをとりたい。

いいゲーム!めっちゃ楽しいです!

続きを見る
閉じる
仙人
あらい
あらい
レビュー
162名が参考
1年以上前

何度か遊んでみて面白さ、戦略性を見出していくことのできるゲームだと思います。このゲームに関しては初めからハイスコア狙いに向けたアドバイスをするのは野暮だと思います。やるとしたら感想戦ででしょう。コンボの爽快感、好スコア達成による達成感は、できたらプレイヤー本人の力で勝ち取ってもらいたい。そんなゲームです。

続きを見る
閉じる
皇帝
セルス
セルス
レビュー
136名が参考
7ヶ月前

ソロ、2人戦と行ってみました


ビンゴのようなシートに、ある一定の法則で選択した出目を埋めていきます

大きな数字を選ぶと必然的に振るサイコロの数が減るジレンマが面白い


個人的には、ソロでのプレイがかなり面白いと感じました

次はもっといいスコアが出せるんじゃないかと期待して何度もプレイしてしまいます

コンボも決まると気持ちいい!!


2人戦では、さすがに相手も人間なのでフォローできるサイコロがゴミみたいな数字ばかりとなり、

スカッとするタイミングがありませんでした

4人戦だと実は盛り上がるのかもしれませんが、こちらは全然盛り上がることもなく黙々とスコアシートを

埋めていく流れでした


☆コンボの条件がもう少し緩ければ、コンボからのコンボが発動して楽しめるかもしれないと思いました


続きを見る
閉じる
仙人
くずてつ
くずてつ
レビュー
128名が参考
8ヶ月前

買ってしばらく放置していましたが、いざ遊んでみると、かなり面白くてもっと早めに説明書読んどけばよかったなーと思いました。特に妻が気に入ってくれて、これはもうずっとできる!!と最高の評価でした。相手を邪魔するようなアクションは無いですし、うちではお互いアドバイスしながらやっているので、殺伐としない感じが良いのかもしれません。

続きを見る
閉じる
大賢者
ニキリオン
ニキリオン
レビュー
100名が参考
9日前

ダイス目を自分のシートにチェックして得点を競うゲーム。

<感想>

●自分
これは面白い!よく考えたなぁ。

ビンゴゲームのドキドキ感に、「どの目を活かすかの都度選択」と「いつ特殊効果を使うかのタイミング選択」がアクセントとなり、ずっとワクワクしつつ、頭を悩ませながらプレイしていける。

BOXもコンパクトで持ち運びができるし、恐らくかなりの頻度で今後我が家でプレイされることになると思います。
久しぶりにスマッシュヒットなゲームでした。

我が家はボードゲームを始めた当初、サイコロゲームが嫌いでした。
何か運の要素が大きいし、サイコロの目で行動が制約される不自由さがイライラしてしまい、、、。

しかしながら、「イスファハン」「マルコポーロの旅路」「グランドオーストリアホテル」という名作に出会い「サイコロの目の選択」を取り入れるだけでたちまち奥深いゲームになることを知りました。

そして、このガンシュンクレバーより、またサイコロゲームの楽しさに一歩踏み込んだ感じです。
たくさんのサイコロを握りしめ、じゃらじゃら振って一喜一憂する感覚、癖になります。

いすれにせよ、ガンシュンクレバーは、一人でも楽しいし、みんなでわいわいやっても楽しい万能型ゲームなので、ぜひやっていただきたい作品です。

●妻
超面白い!
このゲームはすごいね。
何度もやりたくなる。

●ゆづ(娘。7歳)
楽しい!
勝ちたいけど結構難しい。
オレンジばっかりとっても勝てないし、、、。またやりたい。

●ヨタくん(息子。3歳)
サイコロ振るの、楽しい!


ルール詳細や評価などは下記ブログで。


続きを見る
閉じる
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
レビュー
99名が参考
21日前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

ガンツ・シェーン・クレバー(ガン・シュン・クレバー)は、サイコロの出た目に合わせて自分のシートをチェックしていく、いわゆる紙ペン系の面白いボードゲームです!サイコロを振るだけなのに考える要素が色々あって悩ましいです。サイコロゲームなのに他の人との適度な絡みがあるのがいいです!

要素が多いので、どうしたら点数が高くなるのか分かりにくい点が気になるところでしょうか・・・ 

好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫

ガンツ・シェーン・クレバー(ガン・シュン・クレバー) の簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
32名が参考
7ヶ月前

ここをガンして、こっちをシュンして、はい、クレバーです。

続きを見る
閉じる
仙人
プトシ
プトシ
戦略やコツ
17名が参考
21日前

緑のラインの点数が右にいけばいくほど高くなるので、各種のボーナスではそこをチェックするようにしていき、優先度高く対応していくのを指針にするといいかと思います。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 2,200(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 227興味あり
  • 1187経験あり
  • 303お気に入り
  • 624持ってる

チェックした商品