マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 120分~180分
  • 14歳~
  • 2015年~

ドラキュラの逆襲白州さんのレビュー

184
名に参考にされています
2018年02月20日 11時55分

4/10

レアゲーだった「フューリー・オブ・ドラキュラ」が日本語版でリメイク。

元々、興味があったけど、プレミア価格で手を出しづらく、リメイクされてやっとプレイできた。

中身は、スコットランドヤードに戦闘要素とかいろんなルールを組み込んだ重ゲー。

重ゲーのルールを覚えるのが苦である自分には、理解に手間取り、かなりキツかった。

結構わかりにくいルールが多く、昼と夜でプレイヤーやドラキュラの動きや強さが変わるので、かなりの特殊ケースが多かったりと、ゲームに対する期待や楽しさの前に、そこの理解のしんどさが上回ってしまったゲーム。

スコットランドヤードとかと大きく違うのは、戦闘できることで、ただ捕まえればいいわけじゃなく、ドラキュラを倒さなければならない。

そんで、このドラキュラが予想以上に強い!

1人だから強くするのはわかるけど、戦闘はカードの同時だしなので、明らかにドラキュラの方が強いカードで、「え!?それ反則じゃね!?」と思わせるような効果を持つカードもあった記憶がある。

結局は倒したけど、下手すれば詰みとかなるんじゃないかと思えるバランスだった気がしたし、とにかく細かいルールが多すぎた印象。

あと、テーマの影響もあるが、ボードが異様に暗く、テンションもなかなか上がらなかった。

ドラキュラとかゾンビとかそっち系が好きな人であれば、そのテンションで乗り切れるかもしれないので、そっちの人にはオススメかな。逆に普通なら、結構覚悟してプレイしたほうがいいと思う。

スコットランドヤード系が好きな人にもオススメしたいが、かなり例外ルールが多いので、スコットランドヤードがちょっと難しくなった感じと思って気軽にやろうとすると、びっくりするかも。

逆に重ゲーに慣れてる人なら楽しめるゲームな気はする。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 25経験あり
  • 6お気に入り
  • 31持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力5
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルドラキュラの逆襲
原題・英題表記Fury of Dracula (third edition)
参加人数2人~5人(120分~180分)
対象年齢14歳から
発売時期2015年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク