マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人用
  • 120分前後
  • 12歳~
  • 1986年~

ファースト・チーム:ベトナム境界線さんのレビュー

57
名に参考にされています
2020年06月23日 20時09分

「ファーストチーム: ベトナム」は1965年11月のイア・ドラン渓谷の戦いで行われた

第7空挺騎兵連隊の一連の戦闘の一人用ゲームです。

 北ベトナム人民軍は、南ベトナムの中央部を目標とした攻勢のために一年間に及び

物資の蓄積を行いました。作戦は10月19日に発動。11月にはアメリカ軍基地を襲撃した

北ベトナム軍に対する反撃のため、カンボジア国境の近くのイア・ドラン渓谷に

第7空挺騎兵連隊の内1個大隊約450名をヘリボーンで派遣します。

即座に待ち構えていた4000名の北ベトナム軍によって即座に全周包囲され、兵力・地理

共に絶望的な状況に陥ってしまいます。史実の戦闘自体はガンシップやヘリコプター

による濃密な支援攻撃により、包囲下に壊滅を免れ、増援や補給路の確保に成功。

これ以降北ベトナム軍は正面衝突を避け、ゲリラ戦に移行するきっかけの戦いでした。

プレイヤーは一人、アメリカ軍を指揮し、ベトナム軍の移動はゲームルールの

システムにより行われます。カンボジアに補給路を持つベトナム軍は

エリアシステムで中部都市プレイ・クを目指します。案外条件が厳しいので、

少しムキになりそうです。

雑誌掲載ゲームですが、ボックス発売して欲しかったゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
境界線さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルファースト・チーム:ベトナム
原題・英題表記First Team: Vietnam
参加人数1人用(120分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1986年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン(Mike Joslyn)
アートワーク未登録
関連企業/団体ワールドワイドウォーゲームズ(3W (World Wide Wargames))
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

境界線さんの投稿

会員の新しい投稿