マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 75分~90分
  • 12歳~
  • 2017年~

緑の国のアリス白州さんのレビュー

1190
名に参考にされています
2018年05月30日 02時50分

7/10

フィアー、フォートレスに続く、ルール説明をしなくても始められる、ボードゲームの常識をぶち破る「ファストフォワードシリーズ」の第3弾。

ファウナや電力会社を代表とする、イニシャルがFFでタイトルの最初がFばかりのボードゲームを作りづつける鬼才デザイナーの作品。

日本語版も出たカードゲーム「フルーツジュース」にあったフェイブルシステムという「すべてのルールを把握しないでゲームを始めて、ゲーム中にルールが公開される」をさらに、最初のルール説明を全くしないで始めようぜというテーマで派生したのが、この「ファストフォワードシリーズ」だ。

【注意】

このゲームは、ルールを全く知らない状態から、発見を楽しむゲームでもあるため、若干ネタバレを含みます。なので、そこを気にする方は色付き文字より↓は読まない方がいいかもです笑

ですが、パンデミックレガシーをはじめとした、ネタバレ禁止!みたいなレガシーゲームと違い、知ったところで、ゲームが台無しになるというわけではないので、よほど気にしない限りは問題ないかとは思います。

大富豪をこのファストフォワードシリーズで例えると、

最初に出てくるのは「すべての手札をなくしたら勝ちです。1人1枚ずつ出します。前の人より大きい数字を出さなければなりません。出せない場合はパスです」というルールで、

山札を引いていくと、「2枚出しできます」「同じマークで縛ることができます」「革命できます」みたいな追加ルールが新しく現れるみたいなイメージです。(わかりづらかったらごめんなさい)


前置きは終わりましたので、以下、フリーのレビューを始めます。


フリーはざっくりわかりやすくいうと、協力ゲームです。

ゲームの最初、各プレイヤーにキャラクターカードとそのキャラクターが持つアイテムカードが配られます。

自分の手番が来たら、カードを1枚プレイするだけです。このとき、そのキャラクターがカードを1枚も持っていなかったら、直ちにカードを1枚引きます。

これを繰り返していくだけです。

なんだ。簡単じゃんと思うかもしれませんが、かなりハードな協力ゲームです。

なぜなら、キャラクターのアイテムカードの中には、「モンスター」というカードがあり、これを持っているプレイヤーの手番が来た瞬間、負けるからです(笑)

キャラクターは4人しかいないため、下手な手をうってしまうと詰みます(笑)

それを避けるべく、いろいろと奮闘するゲームです。

他のファストフォワードシリーズが1回のゲームが15分で終わると表記されている中、このゲームは75~90分とあり、かなり長いゲームです。

また、このゲームはいくつかの章で別れており、全3章まであるのですが、1章でモンスターにやられると、また最初からやり直す必要があります。

この1章を乗り越えるのが想像以上に難しく、なかなかレベルが高いです。

2章になると、1章に戻ることはないので、ゲームは進みますが、それでもかなりハードなのは変わりません。その分、遊びごたえはたっぷりですが。

個人的には、3つプレイしたファストフォワードシリーズの中では、一番お気に入りで、今までにない新しい協力ゲームだと感じました。

パンデミックレガシーが人気のように、新たなルールがゲーム中に発見されるのが仲間同士だと、わーきゃー言えるので、盛り上がりました。

ただ、ルールの理解と求められる戦略が、他のファストフォワードシリーズよりも、かなり必要になってくるため、初心者にはかなりハードル高いと思われるのと、1回でクリアはほぼ無理+第1章を無限ループする可能性があるので、さらっとできるゲームではないことの2点が懸念であり、楽しくなる前に協議終了になってしまうこともあるかもしれません。

なので、プレイする前は、他のファストフォワードシリーズとは違って、かなり気合を入れる必要があります。

その試練に対し、「クリアするまでやってやるぜ!」くらいの意気込みあるメンバーを集めて、チャレンジすると最高のファストフォワードシリーズのゲームだと思います。

ちなみに自分は、4回連続プレイして第1章を突破できなかったのが悔しかったので、プレイ会が終わったあと、1人でひたすらプレイしてました笑

協力ゲームなので、最悪1人でもプレイできるところもいいですね。

久々に1人でドハマリするボードゲームに出会えたところも新鮮でした。

個人的に評価8にしたいところですが、ルールの理解度やクリアできないときのストレス無限ループの可能性をふまえると、敷居とリスクが高いのは間違いないのと、あとは1回クリアすると、展開が同じになるような気がしなくもないので、評価は7にしておきます。


ファストフォワードシリーズ(システムが近いのでフルーツジュース含む)個人的ランキング

フリー>フィアー>フォートレス>フルーツジュース

一応、4つのレビューをまとめておきますので、興味のある方はどうぞ。

フリー(協力ゲーム)➜https://bodoge.hoobby.net/games/fast-forward-flee/reviews/7982

フィアー(ノイ、カウントアップ系)➜https://bodoge.hoobby.net/games/fast-forward-fear/reviews/7980

フォートレス(直接攻撃)➜https://bodoge.hoobby.net/games/fast-forward-fortress/reviews/7981

フルーツジュース(ワーカープレイスメント)➜https://bodoge.hoobby.net/games/fabled-fruit/reviews/5714/

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • GO
  • Nobuaki Katou
  • Jarry
緑の国のアリス
緑の国のアリスの通販
協力して緑の怪物から逃げ切ろう! カードが自ら語りだすようにゲームが進む「ファストフォワード」シリーズ第3弾!
残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 57興味あり
  • 125経験あり
  • 20お気に入り
  • 117持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル緑の国のアリス
原題・英題表記Fast Forward: FLEE
参加人数1人~4人(75分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿