マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2017年~
273
名に参考にされています
2018年03月22日 08時52分

7/10

ザ・ゲームが対決2人用ゲームとして生まれ変わった斬新なゲーム。

見た目はそんなに変わらないように見えるが、1〜60の数字が2色ずつになっており、出す場所も自分と相手でそれぞれ2箇所ある。

ルールはシンプルで、互いにどちらかの色のデッキを持って、先に減らした方の勝ち。

他のルールは基本的にはザ・ゲームと同じ。

というと、前作と似ているただのソロゲーに見えるのだが、手番に1枚だけ相手の場に出してもよく、このルールが秀逸。

なんと、相手のところに出すときだけ、数字のルールが逆になるのだ。つまり、相手を助けるかたちになる。

じゃあ、出したら相手が得するだけじゃんと思いきや、そうではない。

このフェイス・トゥ・フェイスでは、手札補充は2枚固定(ザ・ゲームは基本的に6枚まで引けた)なのだが、相手の場にカードを出したときだけ、6枚になるまで補充ができるのだ。

つまり、相手を得させる(極端にいえば、1だけ上のカードを出せば得ではないが)代わりに自分も大量に手札補充ができる。早くなくした方がいいという勝利条件なので、大量手札補充ができるのは熱い!

これにより、ゲームの収束性が早まる方向にジレンマが調整されているので、スムーズにゲームが進むのも素晴らしい。

ザ・ゲームの拡張という位置付けながら、全く新しいゲーム感を生み出したNSVの常連デザイナー2人の手腕が発揮されている美しき2人ゲー。

ザ・ゲームが嫌いではなければ、たとえ2人ゲーがそんなに好きでなくてもおすすめしたい作品。

なぜか今のところ、あまり流通していないが、そのうち日本語版出るのかなぁ。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
  • まつなが
ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス
ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイスの通販
人気協力ゲームに対戦型が登場! 先に数字を出し切るのはどちらか!?
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 56興味あり
  • 268経験あり
  • 40お気に入り
  • 155持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス
原題・英題表記The Game: Face to Face
参加人数2人用(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿