マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 15分~20分
  • 8歳~
  • 2005年~

デッドマンズトレジャーマクベス大佐@Digブログさんのレビュー

121名
1名
19日前
0

船長のお宝の取り合い合戦!クニツィアのエリアマジョリティーゲーム!


【ざっくり解説】

 海賊船長のお宝を巡って取り合うマジョリティー(影響力比べ)ゲームです。6つの島に人数分より1個少ないお宝が置かれ、それを巡って数値比べをしていきます。

 各島にはお宝だけでなく、船長とボーナスキャラのベン・ガンが居ます。彼らの居る島にカードが出されると、この2キャラは移動していきます。

 

 船長かベン・ガンが一週するか全員が手札を使い切るとゲーム終了です。影響力に応じて各島のお宝がプレイヤーに分配されます。

 ただし船長の居る島はお宝は貰えません。ベン・ガンは単にその島の1位に10点くれる点数キャラです。なので、船長とベン・ガンの2キャラが最終どこに落ち着くのか?と予想を立てることが大事なゲームです。。


【長所】

 シンプル・イズ・ベストな分かりやすいゲーム性。もう単なる数値比べで、どこを切ってどこに注力するかのゲーム性です。

 船長の押し付け合いが楽しい。船長が最後に居た島のお宝は没収され、誰のモノにもなりません。この船長をうまく他人の頑張っている島に押し付けたいです。


【短所】

 勝つことを意識すると難しいゲーム性。読み合いと戦力の分配が主なゲーム性です。加えて船長とベン・ガンの動きを予想する必要があり、ゲームのプレイ難易度は低くないです。

 繰り返し遊ぶ仕組みが弱い。ランダム要素はお宝の初期配置だけ、カードは常に同じ組み合わせを使います。なので、短期にガンガン遊ぶと飽きすいと思います。


【ベストプレイ人数】

 4人です。取り合い、読み合いのしやすさのバランスを考えると4人が一番良いでしょう。レトロゲームですが、何人でも良く3人・5人ともに良い人数です。

 人数が増えるほどプレイヤーの動向を読むのが難しくなるので、運要素を増やしたいなら多い人数で遊ぶと良いでしょう。


【個人的な評価】

 元々は『フリント船長の財宝』という名前で1991年に発表されたゲームのリメイクです。もう30年以上前のゲームというわけです。本エディションは2006年に発売されました。

 流石は安定と信頼のクニツィアのルールが簡単で分かりやすいゲームです。これだけ余分な要素を削ってゲームを面白く作れるんだから凄いと思います。

 難点は繰り返し遊ぶ仕組みが弱いことです。お宝の初期配置しかランダムがないので、短期で繰り返し遊ぶのにはやや向きません。ちょっと飽きやすいかもです。


 推定プレイ回数は3回ほど。最初の数回はとても面白いのですが、やはりレトロゲームに多い、繰り返し遊ぶ仕組みの弱さが気になります。

 とはいえ、間違いなく良ゲーで、たまに遊ぶ分には面白いです。30年以上前のゲームだと考えると本当に凄いことです。ただ、現代のゲーム達と比較すると難しいでしょうね。


【一言でまとめると】

 シンプルで面白く悩ましい。間違いなくクニツィアの良ゲー。ただ、現代のゲーム達よりコレを遊ぶだけの魅力があるかと言われると難しい

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
びーている / btail
マクベス大佐@Digブログ
マクベス大佐@Digブログ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 26経験あり
  • 1お気に入り
  • 25持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マクベス大佐@Digブログさんの投稿

会員の新しい投稿