マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 25分~45分
  • 14歳~
  • 2015年~

クトゥルフレルムズ5件のレビュー

  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2019年09月19日 16時28分
    4/5点 クトゥルフがテーマのアセンション型デッキ構築 (クトゥルフ知らなくても全く問題ない)他者の正気度を0にしていくと勝ちで基本システムは 他のデッキ構築とほぼ一緒。 緑・黄・紫3色ごとに能力の傾向が違う。 同色を集めていったほうがコンボ発生しやすい。 若干ややこしい部分もあるがどのカード集めてくかの選択が悩ましくルール理解すれば実に楽しい。 ただカード増えてくるとどのアイコン能力発動したか把握するのが難しくなってくるのでカウンターなど目印になる物がいくつかあったほうが良い。  2人で楽しめるデッキ構築としてはかなりオススメ。(3~4人は未プレイ)ワタル@ボドゲさんの「クトゥルフレルムズ」のレビュー
  • 175
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月11日 21時28分
    クトゥルフテーマのデッキ構築型ゲームカードの効果が全てアイコンで表示されており、初めての時は少々覚えにくい。購入できるカードが高コストのばかり残り、停滞する光景をよく見かける。デッキが肥えて制限付きの効果が使えるようになると、大ダメージや大回復、手札操作なんかもできるようになり面白い。小説等を軽く噛っていると、このカードでこの効果か・・・それっぽい、とニヤニヤできます。非常に準備がしやすい、ドミニオン等と違ってカードを10種選別して並べる必要がない、シャッフルして山札作って規定枚数公開するだけ。戦略性は欠けるかもしれませんが遊びやすく、インスト側にも優しいので気に入ってます。ベノムさんの「クトゥルフレルムズ」のレビュー
  • 321
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月20日 00時13分
    デッキ構築型カードゲームですが、ドミニオンなんかと比べると敵プレイヤーへの直接火力がメインであり、勝利点カードがなく、コストとなるカードとダメージリソースや回復リソースが一緒になっているため、あまり手詰まりになりにくい印象があります。購入でコストがあればあるだけ買い物ができるというのも、ゲームを盛り上げるのに一役買っており、大味ながら面白いゲームです。2人プレイと3人以上プレイでゲーム感がかなり変わるので、どちらが良いとは一概に言えませんが、コンボを続けまくりたい!というような人には2人プレイがおススメです。購入選択肢のカードを除外することで相手への妨害行動になるというのはちょっと独特で...retan0712さんの「クトゥルフレルムズ」のレビュー
  • 301
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月30日 19時15分
    絵柄はコミカルですが冒涜的なゲームで、デッキ構築型ゲームが好きな方やクトゥルフ神話が好きな人は面白く遊べると思います♪プレイヤーは邪教の教祖となって、クトゥルフ神話に関係のある地域を拠点にしながら、神話生物やアーティファクトやそれらに関係する人々の力を使って他プレイヤーである敵対している邪教教祖の正気を0にするというゲームです。クトゥルフ神話とは、コズミックホラーと呼ばれるジャンルの小説の始祖であるH・P・ラヴクラフトや、それに感銘を受けた作家たちによって作られた恐怖の世界観です。遊び方は、プレイヤー其々が最初に「信者」「ならず者」「儀式」のカードを合わせた10枚のデッキを手にしてシャッ...うささんの「クトゥルフレルムズ」のレビュー
  • 306
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月09日 15時05分
    クトゥルフの世界観のデッキ構築型のカードゲームでプレイヤーは探索者となって信者や眷属からの攻撃に耐え、正気度を保ち生き残らねばなりません。デッキ構築ですが、ゲーム毎に選ばれた種類の中から購入する方式ではなく、基本カード以外は全部中央に山札として置かれ共通の1枚と自分と両隣の間に3枚ずつの7枚から選ばないといけない、とゆうことは4人プレイだと場に出ているうちの6枚は欲しくても手に入れる事が出来ない。このルールはデッキのカード効果を使って他のプレイヤーの正気度を下げようと攻撃にも影響して、両隣しか攻撃できないので対面プレイヤーには届かない事に。ゲームの勝利条件はただ一人正気度を保って生き残る...鬼島彪さんの「クトゥルフレルムズ」のレビュー

会員の新しい投稿