マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~7人
  • 20分~40分
  • 10歳~
  • 2002年~

バン!稲妻老人さんのレビュー

188
名に参考にされています
2017年05月31日 15時14分

最近のゲームには珍しく、勝利を得る為には必ず相手を撃ち殺す必要があります。

西部劇なので当たり前といえば当たり前なのですが、得点を競いあって勝利者を

決定するゲームに慣れている人には異質に感じるかもしれません。

ですが、相手に弾丸をめり込ませる事こそがこのゲームの醍醐味なのです。


各自に配られるキャラクターは常にオープン状態です。

役割は最初、保安官しか分かりません。

後の役割は、各人の行動を見て判断するようになります。

決して、保安官が助手を撃ち殺すような事のないようにw


各人の手札の上限は体力と同じです。

各キャラクターの初期体力は4か3です。

しかしながら怪我をすると体力は下がっていきます。

その時には手札の上限も低下します。

手札が多い方が選択肢は広がりますので、体力がピンチになりますと、

併せて手札もピンチとなり、死期が近くなります。

そこを救うのが仲間の存在なのですが、無法者を討ち取った者には報償が出ますので

それを目当てに仲間割れが生じる事もあります。


射撃の名人、樽に隠れて弾を避けるのが旨い人、逃げ足の速い馬に乗っている人、

追い足の速い馬に乗っている人など、多彩なキャラクターが揃っています。


最近では映画等でも西部劇を見る事はほとんどなくなりました。

なのでせめてゲームでは西部劇を楽しんでみてはいかがでしょうか?

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
稲妻老人さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 127経験あり
  • 18お気に入り
  • 82持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘2
アート・外見1
作品データ
タイトルバン!
原題・英題表記BANG!
参加人数4人~7人(20分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2002年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿