マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ピークオイルPeak Oil

石油の算出が止まってしまう!早く他のエネルギー会社を買収せねば。企業間の争いをあらわすマジョリティが秀逸な要素たっぷりゲーム。

石油の算出がある日を境に減少に回るだろう、というピークオイル説があります。ピークオイルに備えて各石油会社がサステイナブルな社会を目指し(自社の持続性のためにも)他のエネルギー会社を買収したりして点数を稼いでいくゲームです。

エリアマジョリティとワーカープレイスメントのようなメカニクスです。
ワーカーを置くことができるエリアは大きく5つあります。毎手番、最大2つワーカーを置くことができます。ただし、置いた場所の効果の発動は、次の手番です。手番が回ってきた時点でトップだったら強いアクション、トップタイだったら弱いアクションを打つことができます。

アクションの種類は様々で、特殊能力を持ったコンサルタントを雇ったり、石油を輸送したり、株券を購入したりです。
基本的には、5種類の企業があり、企業の価値×株券の数を5社分すると得点になります。なので、株券を他人よりも多く持っている企業の価値を上げるか、株券を多く持つことを目指してアクションをします。

ピークオイルが近づく時期の企業活動には様々なトラブルもあります。ところどころで樽トークンを袋引きするのですが、そのとき赤や黄色の樽が出たら、トラブルが進んでしまいます。

メカニクスもやや変わっており、コンサルタントやトラブルの能力など、固有の文章も多いため、初回は戸惑い時間がかかるかもしれませんが、テーマも相まってやりごたえのある作品だと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
  2. きねちんきねちん
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 25経験あり
  • 4お気に入り
  • 26持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルピークオイル
原題・英題表記Peak Oil
参加人数2人~5人(45分~75分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 568
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月04日 13時06分

    ゲームマーケット2017秋(東京)で、エッセン新作ということでリトルフューチャーさんが取り扱いをされていました。確か100個がすぐなくなったとのことで、少し気になっており、遊ばせてもらいました。ワーカープレイスメントということを聞いたのですが、アクションができるのは次に自分の手番が回ってきたときにそのエリアでマジョリティを取れていたら、という条件つきなので、ワーカープレイスメントではないのかもしれません(人がいるところのアクションができない、ということはないですし)。いろんな要素があり得点行動が見にくいのですが、企業の価値×株券の数がメインなので、とりあえず株券を集めに行くことが大事なの...

    まつながさんの「ピークオイル」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿