マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 45分~60分
  • 12歳~
  • 2000年~

バベルnekomaruさんのレビュー

168
名に参考にされています
2018年06月27日 22時38分

「バベル」はメソポタミアの地にいと高き神殿を築く、二人用ゲームです。

対戦者よりも早く、5つの場所で5つの民族の力を借りながら、より高い神殿を築きましよう。民族の力を借りれば、「バベル(の塔)」の名のごとく相手の神殿を壊したり強奪することもできるし、敵対民族を離散させたり寝返らせたりもできます。

出番プレイヤーは以下の3フェイズを順に行います。

1.民族カードを引く

2.アクションを実行する

3.神殿カードを引いて並べる。

このゲームをもっとも特徴づけるのはフェイズ2.で行えるアクションの多彩さです。

手番プレイヤーは、

①自コマを移動させる

②民族カードをプレイする

③神殿を建設する

④民族を移動させる

⑤民族の特殊能力を使う

を、可能な限り何回でも行うことができます。

ただしアクションには条件があります。

例えば、神殿を建設するためには自コマがその建設予定地にいなければなりませんし、段数順に下から建設せねばなりません。また段数に見合った枚数の民族カードも配置済みでなくてはなりません。

また民族の特殊能力、

・アッシリア人による神殿破壊

・ヒッタイト人による神殿強奪

・メディア人による離散

・シュメール人による寝返り

・ペルシア人による段数飛ばし

には、同民族カード3枚が連続して並んでいなくてはなりませんし、能力使用後にはその中の1枚が捨て札になるのです。

このように、リソースとなる民族カードを直接攻撃に使うのか、あるいは神殿建設のためにとっておくのか、常に悩まし選択を迫られるでしょう。

自分のアクションが終わったら神殿カードを引いて並べ、対戦者の手番となります。

こうして熱い駆け引きの末、合計段数15段を建設した時、対戦者が10段未満の場合、あなたはゲームに勝利できるのです(10段以上の場合はサドンデス)。

カードプレイと民族の特殊能力を駆使して競争に勝ちましょう。攻撃してばかりでも防戦してばかりでもいけません。タイミングを見計らって相手を出し抜く、そんな直感も鍵となるゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
nekomaruさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 41興味あり
  • 111経験あり
  • 19お気に入り
  • 128持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルバベル
原題・英題表記Babel
参加人数2人用(45分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿