マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 10分前後
  • 4歳~
  • 2017年~

ヤムヤムNobuaki Katouさんのレビュー

108
名に参考にされています
2018年05月20日 23時50分

 3歳児と2人でプレイした感想です。
 クラウス・ツォッホがデザインした、4匹のハリネズミをどのタイミングで冬眠させるかというチキンレースで、4歳児からの2人〜4人までのカードゲームです。
 イラストが可愛くて私は好きなのですが、ハリネズミのエサがミミズなので、ダメな人は難しいのだと思います。
 さて、プレイヤーは、赤、紫、緑、黄色の4色のハリネズミの1つを選び、起きているハリネズミ4枚を自分の前に並べます。
 そして、エサカードと冬カードをよく混ぜて、山札を場に置きます。
 自分の手番でプレイヤーは、自分のハリネズミを一匹冬眠させるか、山札からカードを1枚引くかの2つの選択肢があります。
 冬カードが4枚揃うまでに、自分のハリネズミを4匹全部冬眠させないとゲームから脱落してしまいますが、4匹冬眠させていたプレイヤーが複数いた場合にはエサカードのハリネズミの数が多いプレイヤーが勝利します。
 そのため、エサカードを集めつつも、冬カードの引き次第で、早めに冬眠させなければ脱落する危険性もあるという、ジレンマを感じさせる内容となっています。
 今回、3歳児とプレイしましたが、私が山札から1枚目に引いたカードは何と冬カードでした。そこで、サッサと1匹冬眠させるという判断をしたせいで、なかなかエサカードを取れませんでした。
 3歳児は、冬カードが2枚目になるまで冬眠させず、3枚目が出たらすぐに全匹冬眠させるという好判断で、終始ゲームをリードしました。
 結果は、3歳児の勝利で、私はいいところが全くなく完敗。もう一回と言いましたが、3歳児は違うゲームがプレイしたとのことで、負けっぱなしで終わりました。
 エサカードを集めつつ、いつ冬眠させるのかのジレンマを効かせており、幼児でも大人でも充分に楽しめる内容になっていると感じたゲームです。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • レモネード
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 17経験あり
  • 3お気に入り
  • 25持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルヤムヤム
原題・英題表記Yam Yam
参加人数2人~4人(10分前後)
対象年齢4歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク