マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分~20分
  • 8歳~
  • 2016年~

テイクザットNobuaki Katouさんのレビュー

222
名に参考にされています
2018年03月02日 01時08分

 3人でプレイした感想です。
 12〜98(ただし、20、30、40、50、60、70、80は無し)までの数字カードを1枚ずつ出していき、失点の少ないプレイヤーの勝利となります。特に、22、33などの連番のカードをいかに相手に引き取らせるのかを考え抜くゲームです。
 3人でプレイする場合、各プレイヤーに9枚の手札が渡されます。プレイヤーは、手番でカードを場に1枚出すことと、反転カードを出すことの2つができます。そしてその後、山札から1枚カードを引きます。
 場にカードを出す場合には、カードが1枚も場に置かれてなければどの数字カードでも置くことができます。しかし、場にカードが置かれていた場合は、山札から一番離れたカードの数字から前後10までのカードを置く必要があります。
 具体的には、場に「41」が出ていた場合、「31」〜「51」の間の数字カードを置くことができます。なお、前後10の間の数字カードを置けない場合には、並んでいる全ての数字カードを裏返し、失点カードとして1枚につきマイナス1点、ガマガエルが描かれた連番カードはマイナス5点で引き取ります。
 反転カードを出す場合、具体的には「37」が場に出ていたら、「73」が数字が反転しているので、「73」を手札から出すことで「37」と「73」を得点としてカード1枚につき1点で引き取れます。
 これを繰り返して、山札が無くなり、プレイヤーの誰かが手札を無くしたら、そこでゲームが終了です。そこで、得点カードと失点カードの合計点数を競い、一番高かったプレイヤーの勝利です。
 ルールは実際にプレイすれば簡単なのですが、意外や意外、カードの出し方残し方にジレンマを感じることでしょう。
 各プレイヤーが持っている数字カードを予想しながら、場にカードを出して得点を重ねるか、他のプレイヤーに失点させるか、考えてプレイするのが楽しいと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
テイクザット
テイクザットの通販
ヒキガエルを受け取るのは誰だ?相手にヒキガエルを押しつけ、自分は賢く得点しよう!
残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 9興味あり
  • 75経験あり
  • 8お気に入り
  • 43持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルテイクザット
原題・英題表記Take that
参加人数2人~4人(15分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿