マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~Struggle of Empires

キミの戦略が、外交が試される!マーチン・ウォレスの名作!

 本ゲームは、18世紀のヨーロッパ列強諸国の勢力拡張ならびに権益獲得競争を取り扱うゲームです。

 プレイヤーは、ヨーロッパ列強のうちの一国を担当し、列強の支配が確立していない欧州の地をはじめ、欧州から遠く離れた植民地において、他の列強国と争い、ときには協力して軍事的、経済的、また政治的に成功を収めなくてはなりません。

 あなたは一国の指導者となります。そして軍隊を編成して各紛争地に送りこみ、戦ってその地のさまざまな権益を奪い取り、国力をさらに増強することを目指します。

 軍隊は権益を他国の軍隊から奪ったり守ったりすることができますが、軍隊をいくら揃えて送りこんだとしても、それだけで権益が手に入るわけではありません。

 勝利のためには、資金を有効に使うだけでなく、他国に対する経済的、政治的、科学的または軍事的な優位性を表す「進歩タイル」「同盟タイル」「会社タイル」などをタイミング良く使用することが重要です。

 そして、さらに重要なのが、外交力。戦う相手と手を結ぶ相手を慎重に選び、それを同盟関係として実現するため、資金を惜しんではなりません。国債発行を発行すればいくらでも資金調達ができるのですから。

 しかしいっぽうで、国債の乱発は社会不安をもたらし、革命によって政権が打倒される危険性もはらんでいます。

 はたしてあなたは偉大な列強の指導者として、歴史に名を刻むことはできるのでしょうか。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 38興味あり
  • 41経験あり
  • 14お気に入り
  • 68持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力6
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘5
アート・外見0
作品データ
タイトルストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~
原題・英題表記Struggle of Empires
参加人数2人~7人(180分~240分)
対象年齢13歳から
発売時期2004年~
参考価格6,480円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 103
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月30日 00時01分

    列強諸国となって、自国の権益を拡大させていくゲーム。全体で3つの大きなくくり(戦役)を行い、勝利点を競います。この戦役ごとに同盟を結成していきます。同盟を決めるのは一応競りの形式をとってはいますがその実、生の交渉です。一度差がつくと追いつくのがなかなか難しく、戦役ごとの同盟決定で、バランスを保とうとしているのは分かるのですが、弱い国と同盟を組むインセンティブがないので、むしろ弱い国と対立陣営に立ち、いかに毟るかということを考えることになり、基本的に逆転は難しくなります。ルールは複雑で、特殊効果を持つタイルが無数にあるので、回数をこなさないと、ゲームそのものを楽しめないと思います。戦闘処理...

    じーふいさんの「ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~」のレビュー
  • 640
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月04日 13時48分

    友人と3人で遊びました。まず感想としてはやっべ!面白ぇ!!2人から7人まで遊べるというゲームという事で人数が多ければ多いほど「外交」が盛り上がります。勿論、その分プレイ時間もかかります。技術開発や同盟、会社や戦争など色々な事を考えなければなりません。が、プレイヤーが手番で行う事は意外とシンプルです。では何が1番時間がかかるのか?それは同盟です。このゲームは「戦役」と呼ばれる3場面に分かれてプレイします。その戦役毎に陣営分けを行います。それによって「誰」と「誰」が「味方」か「敵」かハッキリ分かるように。なので、自分が争いたくないプレイヤーには根回しをし、妨害したいプレイヤーには同じく妨害し...

    三楽堂さんの「ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 2件

  • 182
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月07日 21時14分

    『ストラグル・オブ・エンパイア』は18世紀のヨーロッパを舞台にした国家経営ボードゲームです。当時の歴史を知っていれば、どのように立ち回ると有利になるのか、自ずとわかるかもしれません。歴史を知ることも歴史ボードゲームのおもしろさです。それでは、いくつかコツをまとめてみます。◆他のプレイヤーと戦争はできるだけ避ける1回の戦争に2ゴールドが必要なこと、負けると社会不安レベルが増えるなど不確定要素が多く、費用対効果が良くありません。他プレイヤーと外交的にうまくいかなくなると、陣営決め(順番決め)に制限が生まれる(〇〇より先に動きたい、△△と味方陣営になりたい等)ので、陣営決めの入札で出費がかさみ...

    こかど@サンセットゲームズさんの「ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~」の戦略やコツ
  • 225
    名に参考にされています
    投稿日:2019年02月24日 13時55分

    プレイのヒント(ルール巻末より抄訳)「帝国の闘争」は単純なゲームではありません。あなたが初めてそれをプレイするとき、あなたは何が最良の行動であるかを決めるのが難しいかもしれません。お手伝いできるヒントをいくつかご紹介します。最初の5個の軍事ユニットを配置するときは、防御的に考えるのが最善です。あなたが植民地を維持しようとしている、あるいは拡大しようとしているのであれば、海軍を最初に配置することが常にベストです。あなたがエリアに少なくとも2個の支配トークンを持っている場合にのみ、要塞を置く必要があります。そうしないと、それらを無駄にしている可能性があります。小国カウンターは、あるエリアにい...

    3viewsさんの「ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 316
    名に参考にされています
    投稿日:2019年02月24日 13時51分

    歴史的位置づけストラグル・オブ・エンパイアは18世紀における、欧州主要国による軍事、経済、政治の抗争を再構築する。これはほとんど絶え間ない戦争の期間であった。そして、はるかに遠い植民地でしばしば実行されていたゲームプレイゲームは「戦争」と呼ばれる、主要な3つのピリオドから構成される。同盟はそれぞれの新しい戦争の開始時に形成される。1回の戦争は5つもしくは6つのラウンドから構成される。各ラウンドでは、プレイヤーは2つのアクションを行うことができる。各戦争の終了時、各エリアの支配トークンの相対的数字に従って、勝利得点が獲得される。様々な進歩、同盟、商社のタイルは、プレイヤーが勝利するのが難し...

    3viewsさんの「ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~」のルール/インスト

掲示板 1件

  • コバヤシさんの投稿
    攻撃の実行でのコストについて

    はじめまして。質問があります。攻撃の際、一回につき2ゴールドのコストがかかるとありますが、陸上での攻撃の際、「対地支援」を巡る「海上戦闘」が行われる場合は別途2ゴールドのコスト+1アクションを支...

    0件のコメント84ページビュー11ヶ月前
    ルールについて

会員の新しい投稿