マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~7人
  • 180分~240分
  • 13歳~
  • 2004年~
232
名に参考にされています
2019年02月24日 13時55分

プレイのヒント(ルール巻末より抄訳)

「帝国の闘争」は単純なゲームではありません。あなたが初めてそれをプレイするとき、あなたは何が最良の行動であるかを決めるのが難しいかもしれません。お手伝いできるヒントをいくつかご紹介します。


最初の5個の軍事ユニットを配置するときは、防御的に考えるのが最善です。あなたが植民地を維持しようとしている、あるいは拡大しようとしているのであれば、海軍を最初に配置することが常にベストです。あなたがエリアに少なくとも2個の支配トークンを持っている場合にのみ、要塞を置く必要があります。そうしないと、それらを無駄にしている可能性があります。


小国カウンターは、あるエリアにいくつの支配トークンが存在するかを決定することを理解するのに役立ちます。例えば。オスマン帝国の小国カウンターは4個あります。つまり、その地域に4つ以上の支配トークンが存在することはありません。


攻撃する相手を決めるときは、他のすべてのプレイヤーよりも勝利ポイントの得点を高くすることができます。あるエリアの最初の場所にすでに拮抗しているプレイヤーを攻撃しても、自分の勝利ポイントは増えず、そのプレイヤーのみが減少するだけです。


あなたが最初にこのゲームをプレイするとき、選ぶことができるタイルの数は難しいように見えます。プレイテストの経験から、次のものが第1ラウンドで選ぶのに最適なタイルであると言います:外交、傭兵、訓練された原住民、強制徴募、戦争省。


後のラウンドや戦争まで考慮すべきではないタイルは、商社タイルや同盟タイルです(同盟タイルは1回の戦争だけを残しているので、現在の戦争ではあなたに使用されることを知っておいてください)。政府改革タイルもゲームの後半に取るべきです。残りのタイルは、あなたの戦略がどうなるかによって異なります。


それはあなたの意思決定を導く政策を持つのに役立ちます。そのようなポリシーは3つあります。植民地政策、欧州政策、そして混在政策です。それぞれにメリットがあります。あなたが従うことを決めたポリシーは、どのタイルが役に立つかを決定します。訓練された原住民、航海、および強制徴募は植民地政策に役立ちます。農業改革、民兵、兵站は、欧州の政策に役立ちます。


同盟システムの仕組みを理解することは重要です。一般的に、あなたの敵と戦ったり、味方と戦ったりするのには犠牲がでます。そうすれば積極的にあなたを攻撃したい人の数を減らすことができます。また、ドイツ諸国の支配トークンを維持したい場合は、同じエリアに少なくとも1人の他のプレイヤーと同盟関係にあることを確認してください。そうしないと、焼き上げられます!


1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • こかど@サンセットゲームズ
3viewsさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 39興味あり
  • 41経験あり
  • 14お気に入り
  • 72持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力6
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘5
アート・外見0
作品データ
タイトルストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~
原題・英題表記Struggle of Empires
参加人数2人~7人(180分~240分)
対象年齢13歳から
発売時期2004年~
参考価格6,480円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

3viewsさんの投稿

会員の新しい投稿