マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 10分~20分
  • 5歳~
  • 2014年~

ひつじ算Nobuaki Katouさんのレビュー

114
名に参考にされています
2018年02月18日 03時53分

 小3の息子と一緒に、プレイした感想です。
 「犯人は踊る」のデザイナーである、なべのぺすさんが当時5才のお子さんと作ったゲームです。
 カードの種類は2種類で、ともだちカードと、ゲームカード(ひつじが1頭〜7頭まで描かれている、もしくはおおかみが描かれている)が60枚です。
 内容は、基本的には坊主めくりなので、山札からカードを1枚めくって、そのカードがひつじなら極力頭数を10に近づけるため、再度山札からカードを引きます。
 頭数が10より少ない数字でカードを引くのをやめれば、そのカード群は自分の得点となります。頭数が11以上になった場合は、ひつじたちは森に逃げ込んでしまう設定となり、カードを没収されてしまいます。頭数がピッタリ10の場合は、引いたカードとそのとき森にあるカード全てを得点にできます。
 そして、最終的には、ひつじの頭数が多いプレイヤーの勝利となりますが、おおかみカードを山札から引いた際には、それまで山札から引いたカード全部を森に置くことになります。
 そのため、おおかみカードがいつのタイミングで出てくるのか、ビクビクしながら山札をめくる大人と、勇気を持ってめくる子どもという戦いになりました。
 2戦して、結果は子どもの2勝となり、本人は非常に嬉しそうでした。
 このゲーム、何やらピッグテンにそっくりな気もしますが、微妙に特殊カードの効果と森の存在でテイストが違いますし、おおかみの存在も大きいので、少々スリルを感じさせてくれるゲームと感じたところです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 18経験あり
  • 1お気に入り
  • 22持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルひつじ算
原題・英題表記Sheep Counting
参加人数2人~4人(10分~20分)
対象年齢5歳から
発売時期2014年~
参考価格1,188円
クレジット
ゲームデザイン鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)
アートワーク鍋野 たま (Nabeno Tama)
関連企業/団体鍋野企画(NabenoKikaku)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク