• 2人~12人
  • 45分前後
  • 8歳~
  • 2011年~

お邪魔者2ぼうし@お邪魔者会・福岡さんのルール/インスト

136
名に参考にされています
投稿日:2017年08月24日 13時38分

新たに増えたカード種類と枚数を記しておきます。

また、勝ったプレーヤーが誰かというフローチャートも画像で載せました。


まず【新たに増えたカード種類と枚数】です。


(1)牢屋(罠)カード 3枚・・・道を出せなくなる+ラウンドの最後まで持っているとポイントがもらえなくなるカード。(泥棒もできません)

(2)牢屋から開放カード 4枚・・・牢屋カードの解除。

(3)調査カード 2枚・・・他のプレーヤーの役割を確認する。

(4)手札交換カード 2枚・・・自分と他のプレーヤーの手札を交換する。交換した相手がカードを1枚引く

(5)泥棒カード 4枚・・・ラウンド終了後に任意のプレーヤーから1ポイント奪う。

(6)泥棒解除カード 3枚・・・泥棒カードの解除。

(7)役割変更カード 2枚・・・自分も含めた任意のプレーヤーの役割を変更する。

(8)落石カード 1枚・・・従来のものと同じ。1枚増えました。


※同じ種類のアクションカードは同じプレーヤーの手元に1枚しか置けません。


ここまではアクションカード、以下は道カード。


(1)青の扉付きカード 3枚・・・縦棒・横棒・カーブ(形状は7 ,L )各1枚。
(2)緑の扉付きカード 3枚・・・縦棒・横棒・カーブ(形状はr ,J )各1枚。

(3)はしごカード 4枚・・・縦棒・横棒・カーブ(形状は7 ,L )・カーブ(形状はr ,J )各1枚。

(4)十字カード(クリスタル付) 1枚

(5)T字カード(クリスタル付) 4枚(うち1枚は上に行き止まり付き)

(6)Vert-T字カード(クリスタル付) 2枚(うち1枚は右に行き止まり付き)

(7)横棒ストレートカード(クリスタル付) 1枚(下に行き止まり付き)

(8)横棒ストレートカード(クリスタルなし) 1枚(上下に行き止まり付き)

(9)縦棒ストレートカード 1枚(左右に行き止まり付き)

(10)縦棒ストレートカード 1枚(右に行き止まり付き)

(11)カーブカード(形状はr ,J ) 2枚(上に行き止まり付き)

(12)カーブカード(形状は7 ,L ) 1枚(下に行き止まり付き)

(13)立体交差カード 2枚

(13)2本の曲がり通路カード 2枚 (各々カーブは逆向き)

(14)行き止まりカード(クリスタル付)2枚 (縦棒1枚、横棒1枚)


 ※上下左右の記載はカードに書かれてある(2)の文字を左下に配置した状態での位置。


【役割カード】です。 全15枚。


(1)青の金鉱堀 4枚

(2)緑の金鉱堀 4枚

(3)ボス 1枚

(4)お邪魔者 3枚

(5)地質学者 2枚

(6)横着者 1枚


下記は【誰が勝ったか?がわかるフローチャート】です。




※気をつけなければいけないのは「ボス」です。自分で金塊を開けると勝利プレーヤーが多くなりますので、自分の取り分がないかもしれません。「横着者」もそうです。この2つの役職の場合はまず青(緑)の扉を出した後に開けるようにしないといけません。

  • 27興味あり
  • 203経験あり
  • 32お気に入り
  • 218持ってる
販売中の商品
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルお邪魔者2
原題・英題表記Saboteur 2 (expansion-only editions)
参加人数2人~12人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

お邪魔者2のルール/インスト

  • 56
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月24日 18時41分

    ルール補足です。説明書に書いて無く、ネットで探しても見つからなかったので、発売元に問い合わせて確認した内容です。Q緑と青のチーム以外の役職(ボス、お調子者、お邪魔者、地質学者)がゴールを開けたときの点数はどうなるのか?Aお邪魔者以外が勝利する。地質学者はクリスタル分お金をもらえ、他の人は山分けする。Q泥棒カードは複数枚、自分の前に出せるのか?A1枚しか出せない。

    続きを読む
  • 125
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月21日 21時36分

    ※人狼民向け、お邪魔者を知っている人向けに書いています。お邪魔者2は、役職が増えて村対狼みたいな構造ではなくなり、若干個人戦感が強くなっています。また、アクションや道の種類、手番にできることも増えていて、お邪魔者に飽きてきた人にオススメです。お邪魔者を知っている人前提で、違いを説明していきます。<全体の流れ>3回やって、一番金を持っている人が勝ちです。金は、勝った陣営が少なければ少ないほど、1人あたりにもらえる数が増えます。1人勝ちすると5金、5人以上で勝つとひとり1金です。最初に役職カードを配ります。みんなこっそり見てください。その後、手札を6枚ずつ配ります。10枚は欠けです。残りが山...

    続きを読む

会員の新しい投稿