マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~60分
  • 8歳~
  • 2017年~
312
名に参考にされています
2018年03月19日 11時06分

ずっと気になっていて初プレイできたので簡単にレビューしていきます。


舞台は北極

 プレイヤーは研究員として北極の調査をしていきます。

しかし地球温暖化の影響か、調査をしている間にもガンガン周囲の気温は上がっていきます。


気温が上がると氷は解けて白熊は他の氷に逃げるか落ちておぼれてしまいます。

研究員は白熊を保護、救助しながら限られた時間内に調査を完了できるのでしょうか。



といった物語でパンデミック的にプレイヤー同士、協力して救助活動をしていきます。

毎ターン救出、移動、研究等の3アクションを使って動きます。

各プレイヤーは能力が違う船を使い、それぞれの能力があります。(移動力が高い、クマを載せれる数が多い、行動回数が多い等)

盤面にはタイルがカタンのように並べられ、その上には大量の白熊の親子が乗ります。



また、白熊の成長力、繁殖力もなぜか非常に高いのでどんどん白熊はあふれていきます。氷の上には3匹までしか乗れないのであふれてしまいます。



やってみた所感としてはパンデミックより運の要素が高いと感じました。

成長するクマがいるマスは完全ランダムなさいころで決めます。

また、温度の上昇値もさいころです、が上昇値が高く毎ターン2~5度上がります。すぐ氷解けます。とけたらすこし気温下がります。の繰り返しです。

難易度も少し高く感じました。人数は4人居たほうがクリアしやすいのかもしれません。私は失敗ました。運の要素が高いパンデミックって気分でプレイしてください。


けどコンポーネントが本当にかわいいです。激かわです。


内容、コンポーネント共に満足度が高いので、気になっている方は是非購入して見てください^^

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  •  あいこん屋@たま
  • Mon Muro
  • 喫茶あかね・マスター
mutsukiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 76興味あり
  • 97経験あり
  • 19お気に入り
  • 64持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトル救出せよ!白熊! / シロクマ救助隊
原題・英題表記Rescue Polar Bears: Data & Temperature
参加人数1人~4人(30分~60分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格6,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

mutsukiさんの投稿

会員の新しい投稿