マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

救出せよ!白熊! / シロクマ救助隊Rescue Polar Bears: Data & Temperature

可愛いシロクマを助けつつ、協力して観測データを集めよう。



概要 

人類のエネルギー政策のせいで、氷が溶けてきている北極。
そこに暮らすシロクマたちは、絶滅の危機に瀕しています。
プレイヤー達は多国間科学組織の研究員となり、
各国政府にエネルギー政策の転換を促すために活動します。
氷が溶け海に落ちてしまいそうなシロクマを救助しつつ
観測データを集めていきましょう。


ちょっと詳しく

このゲームは勝者を決めるタイプではなく、
『パンデミック』に代表される協力系ゲーム。
目標を達成するためプレイヤー全員でゲームを進めていきます。
(プレイヤーごとに異なる特徴/独自の能力がある)

『救出せよ!白熊!』『シロクマ救助隊』となっていますが、
実際にはメインの目標は観測データ集めです。
とはいえ、白熊の絶滅(規定数海に落ちてしまう)は敗北条件となっているため
メインの目標達成を目指しつつ白熊救助も重要です。


少々運も必要。でもきっちり考えることも必要。

私はパンデミックをプレイしたことがないので断言はできませんが
白熊の繁殖の仕方など、パンデミックに似た要素があります。
ただ、パンデミックとは異なる要素として

『サイコロを振るフェイズが2/3存在する』

というのがあります。
サイコロを使う以上、そのフェイズに関しては運が影響を及ぼします。
この辺りは、きっちり戦略を練って進めたいという人には
避けられる要因となるかもしれません。
でも、今はシロクマを助けるべきかデータ回収を優先すべきかなど
考えるべき要素も存在するので
ある程度協力系ゲームの経験がある人にも
受け入れられやすいのではないかと思います。


本格的協力ゲームへの橋渡しとしてオススメ!

写真の通り、見た目がとても可愛いです。
(シロクマファミリーは陶器製で、合計45個!)
この見た目で、「やってみたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。
パンデミックシリーズはそのシリアスな雰囲気から
なんだか避けてきた私がこのゲームを購入したのは、
見た目が大きなウエイトを占めてますし。
前述の通りサイコロ運がゲーム進行に大きな影響を及ぼすこともありますが、
それがかえって本格的協力ゲームをプレイしたことのない人には
入りやすい要素として重要なのかもと思えます。
サイコロの目で一喜一憂できるという点で、
若干パーティーゲーム的な協力系ゲームと見ることもできるかな?
このゲームで慣れてきたらパンデミックシリーズなどにも
より入りやすくなるかもしれませんよ。


おまけ。

このゲームは、台湾製です。
少なくとも私が購入したところでは日本語版ルールブックもついてましたが、
これが少々(もしかするとかなり?)分かりにくいところがあります。
できることなら、プレイヤーのうち誰かはルールブックを先に見ておいて
ルールの概要を把握しておいた方が良さげです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:masacky
マイボードゲーム登録者
  • 53興味あり
  • 53経験あり
  • 12お気に入り
  • 39持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトル救出せよ!白熊! / シロクマ救助隊
原題・英題表記Rescue Polar Bears: Data & Temperature
参加人数1人~4人(30分~60分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格6,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 161
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月16日 19時16分

    地球温暖化の調査チームとなって北極フィールドワーク!調査に必要なデータをすべて集めなくてはいけませんが、激しい温度変化で氷が解けていく北極では、かわいいかわいい白熊の行き場も徐々になくなってしまいます...そんなの見殺しにできない!できるわけない!!ってな感じの協力ゲームです。一定枚数のデータトークンを集めることができれば勝利。白熊を7体海に落としてしまうか、温度が20度を超えてしまうと敗北です。1枚の氷に乗ることができる白熊は3体まで。しかし、白熊は成長して大人になり、更には繁殖までしてしまうので、油断しているとどんどん海に落ちてしまいます。各プレーヤーが操作する船に白熊を乗せ、ヘリポ...

    ペンシルさんのレビューを読む
  • 215
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月19日 11時06分

    ずっと気になっていて初プレイできたので簡単にレビューしていきます。舞台は北極プレイヤーは研究員として北極の調査をしていきます。しかし地球温暖化の影響か、調査をしている間にもガンガン周囲の気温は上がっていきます。気温が上がると氷は解けて白熊は他の氷に逃げるか落ちておぼれてしまいます。研究員は白熊を保護、救助しながら限られた時間内に調査を完了できるのでしょうか。といった物語でパンデミック的にプレイヤー同士、協力して救助活動をしていきます。毎ターン救出、移動、研究等の3アクションを使って動きます。各プレイヤーは能力が違う船を使い、それぞれの能力があります。(移動力が高い、クマを載せれる数が多い...

    mutsuki0083さんのレビューを読む
  • 452
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月08日 14時21分

    可愛いシロクマを助けつつ、協力して観測データを集めよう。概要 人類のエネルギー政策のせいで、氷が溶けてきている北極。そこに暮らすシロクマたちは、絶滅の危機に瀕しています。プレイヤー達は多国間科学組織の研究員となり、各国政府にエネルギー政策の転換を促すために活動します。氷が溶け海に落ちてしまいそうなシロクマを救助しつつ観測データを集めていきましょう。ちょっと詳しくこのゲームは勝者を決めるタイプではなく、『パンデミック』に代表される協力系ゲーム。目標を達成するためプレイヤー全員でゲームを進めていきます。(プレイヤーごとに異なる特徴/独自の能力がある)『救出せよ!白熊!』『シロクマ救助隊』とな...

    masackyさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク