マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2007年~

王宮のささやきYONさんのレビュー

166
名に参考にされています
2018年04月23日 18時22分

最初手札は6枚でスタートし、

1枚ずつプレイして自分の場札としてオープンしていき、

6枚キャラクターをかぶらせずに自分の前にオープンできたら勝ち。

オープンするキャラクターがかぶったらその時点で負け。

 

キャラクターの効果は7種類で、

(道化師、会計士、魔法使い、メイド、英兵、執事、将軍)

それ以外に手札にはならない王様カードがあるだけで、

インストもすぐ終わるし、単純なんだけど、

最初に配られた手札が悪くても負けなかったりするし、

勝てる!と思っても「魔法使い」や「執事」で思い通りにならなかったりする、

周りの人の出方次第なところが面白いなと思います。

 

運でも戦略でもなく、相互作用という感じ。

それも運なのかもしれないけど…。

 

「魔法使い」(任意の人と任意の枚数カード交換)の使い方が、

自分が勝つために使う人・タイミングのときと、

相手を負けさせるために使う人・タイミングとあって、

性格が出るなぁ…とよく言ってます。

 

6枚オープンを目指すというより、

手札は全然困ってない感じの顔を常にしながら、

ほかのひとがささやいてしまう(オープンしたカードがかぶる状態)のを

待つゲームだと思ってます。 

 

3人でもできるゲームはたくさんあるけど、

3人でもできて3人でもちゃんと楽しいゲームは少ないように感じるけど、

これは3人でもちゃんと楽しいですよ。

逆に人数が多いと自分のターンが回ってこなくて、

(回ってきてほしいゲームではないんだけど)

ちょっとダレる気がする。

私は3人がベストな気がする。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 555 takeiyan
YONさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 48興味あり
  • 429経験あり
  • 62お気に入り
  • 281持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力11
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル王宮のささやき
原題・英題表記Palastgeflüster
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

YONさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク