マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 10分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

パクパクNobuaki Katouさんのレビュー

101
名に参考にされています
2018年10月07日 03時01分

 コロコロ堂で、3人でプレイした感想です。

 世界の七不思議や花火、東海道などをデザインしアントワーム・ボウザによる、ダイスを使ったバランスゲームとスピードゲームを組み合わせたゲームです。

 サイコロを振る際には、自分の前にあるサイコロ全部を、他のプレイヤーと「3、2、1、パクパク」の掛け声に合わせて振ります。

 ダイスを振った結果、赤い目が出れば食器を積み、緑の目が出れば左隣にダイスを渡し、数字の目が出れば再度振り直すというシンプルな内容です。

 ただし、自分の前に一定数のサイコロが来てしまうとその時点で負けになるのと、食器を積んだときに食器を崩してしまったことを指摘されると負けになります。

 負けた場合には、その時点で自分の前にあるサイコロ全部を振り、出た身の数字を合計しその点分が失点となります。

 失点10点を超えたプレイヤーがいた場合、そのプレイヤーの負けとなり、ゲームが終了します。

 ゲームの感想は、いかに自分の前にサイコロを置かないかを競う関係で、常に忙しなかった印象です。

 食器を重ねることも緊張しますし、自分の前にサイコロが2つ以上置かれるときの緊張感は半端なかったです。

 ルールを読んだときは、ここまでの緊張感を感じなかったですが、負けたくないという強い思いをゲーマーは感じるものだと改めて認識しました。

 また、2人から8人までとパーティーゲームとして楽しめますし、ボードゲーム初心者の方々にも勧めやすい内容だと思います。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Koniromann_A
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 58経験あり
  • 9お気に入り
  • 24持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルパクパク
原題・英題表記Paku Paku
参加人数2人~8人(10分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク