マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~6人
  • 10分前後
  • 12歳~
  • 2017年~

ワンナイトマンションm1114toyさんのレビュー

196
名に参考にされています
2018年06月09日 15時43分

2017年秋 ゲームマーケット作品。

4-6人のドラフト系正体隠匿ゲーム。


田舎のマンションでオーナーが殺された殺人事件。犯人を探し出すグループとうそを言って一般人を犯人にさせようとする犯人グループの言葉の駆け引きゲーム。



役職カードは8種類がありますが、大きく3つのグループにわかれます。


1.殺人犯陣営

『殺人犯』と同じ仲間の『共謀者』は自分が犯人でないようにウソをついて牢やにいれないようにします。


2.爆弾魔陣営

『爆弾魔』は自分が牢やに入れられることが目的です。牢やに入った場合、爆弾魔だけの勝ちとなります。


3.探偵陣営

いろんな細かな役職『探偵』『富豪』『弁護士』『執事』『客人』があるが基本的には『殺人犯を牢やに入れること』を目的とします。



このゲームの特色はスタピーから役職カードを山札から2枚とって、1枚を自分に、もう1枚をとなりに人に渡す。隣の人も山札から1枚とって同様に1枚を自分で、残り1枚を隣に渡します。つまり、隣に渡したカードが明確なんで皆が情報をたくさんもった上で議論が始まることでダンマリにならないし、3分という時間制限があるのでサクサク進められます。


このゲーム、探偵陣営の役職が強くて犯人陣営だとなかなか逃げ切るの難しい感じでした。

特に『執事』はカードオープンにして探偵陣営であることをカミングアウトすると同時に隠し役職カード2枚が見れるので強い。『探偵』もカードオープンにして探偵陣営であることをカミングアウトすると同時に犯人を牢やに入れることがができるなど犯人が追い詰められていくので、これらのカードが隠しカードになってないと犯人陣営は苦しい戦いになる。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
m1114toyさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 57興味あり
  • 174経験あり
  • 48お気に入り
  • 107持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力4
交渉・立ち回り12
心理戦・ブラフ16
攻防・戦闘0
アート・外見9
作品データ
タイトルワンナイトマンション
原題・英題表記One Night Mansion
参加人数4人~6人(10分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

m1114toyさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク