マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

楽しい動物園O Zoo le Mio

『苦しい動物園』の異名を持つ、動物園開発オークションゲーム!

プレイヤーは動物園オーナーとなって、動物園をつくります。

カルカソンヌのような美しい動物園タイルを初期資金も補充もカツカツでオークションしていくシビアさとのギャップがたまらないユニークなゲームです。

絶版作品ではありますが、今でもそのインパクトのある箱絵と見た目の可愛さとシステムのシビアさとのギャップで、『苦しい動物園』としてゲーマーに語り継がれています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 白州白州
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 29経験あり
  • 7お気に入り
  • 33持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル楽しい動物園
原題・英題表記O Zoo le Mio
参加人数2人~4人(45分~60分)
対象年齢9歳から
発売時期2003年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインコルネ・ファン・モーセル(Corne van Moorsel)
アートワーク未登録
関連企業/団体ツォッホ出版(Zoch Verlag)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 176
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月21日 11時35分

    7/10箱絵とタイトルとコンポーネントからキッズゲームかな?と思わせるが、『苦しい動物園』という異名がつくほどのシビアな競りゲー。テーマも動物園をつくっていくという聞く分には楽しそうなので、何が苦しいのかと思うかもしれない。だが、プレイした人の大半はこの『苦しい動物園』という異名に納得せざるを得ないだろう。このゲームでやることは、基本的には、オークションに出される動物園タイルを競り落として、自分の動物園に置いていくだけ。タイルはカルカソンヌのように道が描かれており、もちろん道にそって、つないでいかなければならない。また、タイルには動物のイラストと星(5種類:1〜3個)が描かれておりこの星...

    白州さんの「楽しい動物園」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク