マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~120分
  • 12歳~
  • 2023年~
841名
10名
0
4ヶ月前

アルナックの拡張第2弾。

内容的には、

・追加のリーダー「新聞記者」と「機械技師」

・1~2人用のキャンペーンモード

・遭遇カード、新しい場所タイル

・新しい研究トラック2種類、追加のカード、偶像トークン、助手

それぞれの要素を簡単にレビューします。


【追加のリーダー】

前拡張の「調査隊長」で、非対称能力となるリーダー6人が追加されました。この拡張とリーダーシステムは非常に評判が良く、必須拡張とよく言われています。私も調査隊長なしでのプレイはもう考えられないくらい大好きです。

本拡張では、新たなリーダー「新聞記者」と「機械技師」の2人が追加されます。この拡張だけだと3~4人プレイ時にリーダーが不足するので、基本セットの道具カードを2枚所持し、強さを底上げして開始する簡易リーダーのルールも記載されています。

「新聞記者」

レベル1、レベル2の場所に散らばる記事を集めると、追加の報酬が得られます。記事はその場所にワーカーを配置した状態で移動力を支払うと入手可能。また、研究トラックで拡大鏡より1つ先まで手帳を進めてられます(通常は拡大鏡より手帳が先行してはいけない)。

とにかく色々な場所に移動する必要がある点と、追加の移動力が必要な点から、なかなか記事集めは大変です。その分追加の報酬が得られる能力は柔軟性があり、うまく助手などで移動力を供給出来れば手堅く戦えます。手帳が先行できる能力も助手を雇うのにかなり有利。

「機械技師」

個人ボードのホイールが目を引きます。初期カードを使ってホイールを回しながら報酬を獲得できる能力。最初の内は1移動力や1金くらいのわずかな報酬ですが、1、3、5ラウンド開始時、ホイールに金の歯車を追加して強化できるので、だんだん報酬を豪華にしていけます。3ラウンド目で加わる専用の助手猿も特徴。

見た目に反して、使い心地はシンプルでクセがない印象。どんな状況でも安定して使えると思います。


追加リーダーはどちらも個性的ですが、2人だとやはり物足りないので、この拡張を購入するなら絶対に「調査隊長」拡張も欲しくなると思われます。「調査隊長」のリーダーに比べてギミックが多くて若干複雑ですが、強さ的にはよいバランスだと感ます。


【キャンペーンモード】

この拡張のセールスポイント。アルナックのベースゲームのルールを微妙に変更しながら、全6章のキャンペーンシナリオが遊べるようになります。

1~2人の協力プレイで、ライバルbotと対戦します。色々とプレイに条件や制限が加わったり、条件達成すると次のシナリオに引き継げる道具、遺物カードが入手できたりと、普段のアルナックとちょっと違う楽しみ方ができます。

元々アルナックのソロモードはかなり優秀で面白いので、そこをテコ入れされるのはソロ好きとして嬉しいですね。レガシー的な不可逆要素(シールを貼ったり致命的なネタバレがあったり)はないので、何度も遊べるのも良いところ。反面、追加条件やルールが少し面倒で、気楽に遊びたい時は「普通のソロモードでもいいかな」となることも。実際、私はシナリオを2本くらい進めたところで放置して、普通のソロモードで遊んでしまいました。


【遭遇カード新しい場所タイル】

キャンペーンシナリオ内で使用する遭遇カード(報酬選択できるイベントカード)を、通常ゲームに導入することもできます。新たな場所タイルの報酬に遭遇カードが設定され、対応するレベルの遭遇カードを引いて報酬を選択できるようになります。

受け取れる報酬がランダムなのは好みが別れそうですし、常に導入したい拡張ではないと思いますが、ガチャみたいで楽しいので気分転換で入れるのも良いかもです。ランダムとはいえ二択なので完全に腐ることはまれですし、中には結構破格な効果もあるので、ついつい起動してしまいます。


【新しい研究トラック2種類、追加のカード、偶像トークン、助手】

キャンペーンに使用する追加物ですが、通常ゲームでも問題なく追加できます。

追加研究トラック2種類は特に最高ですね。研究トラックが変わるだけでプレイ感や戦略が大きく変わるのは「調査隊長」で実証済み。これだけでもリプレイ性を大きく高めてくれます。

新しいカードや助手の追加も嬉しいです。ややこしい効果は特になく、純粋なボリュームアップになるので、普段からすべて混ぜて使用して良いと思います。




【まとめ】

最大の売りはキャンペーンモードですが、そこは好みが分かれる所。これを買ったら絶対に「調査隊長」も欲しくなるので、優先順位は「調査隊長」>>>「消えた調査隊」です。先にこの拡張だけ買うのはオススメしません。

両方買ってアルナックが完成形になるとも言えるので、アルナック好きなら全部買いです!

この投稿に10名がナイス!しました
ナイス!
sai。
ととゆき
はま
ツナマヨ
ヤマト
じむや
ハルシカ
Sato39
ハナ
ハナ
シェアする
  • 58興味あり
  • 138経験あり
  • 62お気に入り
  • 262持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

ハナさんの投稿

会員の新しい投稿