マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~60分
  • 10歳~
  • 2020年~

レヴィアスパパひのさんのレビュー

277
名に参考にされています
2020年07月06日 12時30分

参加者が六人だったので、人類四人対レヴィアス側二人で相談とちょっと変則的にプレイ

また、ルールの読み違えで人類は初期手札なしの縛りプレイにはなってしまったけども二回まわしてみての感想を


前作ボルカルスは人類側が脳筋プレイでもごり押しで倒せたけど今作はレヴィアスの居場所をきちんと探って考えていかないとなかなか勝利することができないなと

機雷で怪獣囲めば勝ちだけど近づきすぎると怪獣に補食されて船が壊されちゃうのがなかなか悩ましい

船を動かしてからカードの使用だから機雷を置いて逃げるとかできないのが結構考えさせられる

怪獣側もエネルギーのリソース考えながらじゃないとすぐになにもできなくなるし、1ターンに一回しか行動できないからうまくやらないと結構簡単に詰む


とはいえやっぱり怪獣側が有利なシステムにはなってるかなって思う



気になるところとしては前作は人間側に砂時計っていう縛りがあったけど今回はないから人類側の相談が結構長引いたりしちゃったから時間管理はあったほうがいい気がする

それから変則的に怪獣を二人で動かしてたからだけど相談用にメモ用紙とかあるとやりやすいかもしれない

結構怪獣二人でプレイもおもしろかった

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ビッチュウ
  • Bluebear
レヴィアス
レヴィアスの通販
大海原で繰り広げられる怪獣vs人類の、手に汗にぎる心理戦! 神秘の巨大海竜に人類は勝利できるか?
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,180(税込)
パパひのさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 104興味あり
  • 166経験あり
  • 77お気に入り
  • 294持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力19
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ20
攻防・戦闘9
アート・外見11
作品データ
タイトルレヴィアス
原題・英題表記Leviath
参加人数2人~5人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン金子 裕司(Yuji Kaneko)
アートワーク未登録
関連企業/団体アークライト(Arclight)
拡張/関連元ボルカルス(Vulcanus)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

パパひのさんの投稿

会員の新しい投稿