マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分~35分
  • 9歳~
  • 2018年~

くだものたろうbine(ビネ)さんのレビュー

29名 が参考
0名 がナイス
約1ヶ月前

「桃太郎」をベースに作られたゲームなのはすぐにわかりますが、そこからのアレンジがなかな斬新です。プレイヤーは何か果物の太郎になってゲームを進めます。カードを場に規則的に並べてフィールドとしてそこにいる鬼たちを討伐していきます。

バトルは6面ダイスを1つ振ってその数値によって決します。序盤の雑魚は良いんですが中盤から6面ダイスの限界値である6を軽々しく越えた鬼がぞろぞろ出現します。

ここで原典の「桃太郎」にならって「おとも」を使います。振ったダイスの目を操作できる頼もしい面々です。彼らの助力無しには鬼に勝つことはできないのです。桃太郎には3種類の動物がお供として登場しますが、くだもの太郎にはそれ以外にも様々な動物が登場しおともにすることができます。振るダイスの数を増やしたり、振ったダイスの目を2倍にしたり…おともを増やすことによってゲームはやや悪乗り的にインフレを起こします。しかしそのくらいインフレがないと終盤の鬼には歯が立たないのです。「そんな数値の鬼は倒せるきがしないよ」と怯みがちですがいざ戦ってみると勝てたりします。

少年漫画のストーリー展開の様にスピード感のあるゲーム進行とくだもの太郎のパワーインフレも相まっていつのまにか盛り上がってゲームが終わります。
ダイスを振る以上どうしたって運の要素は絡んできて、このゲームの場合はそれが鬼退治の結果にダイレクトに影響します。でも、それもたまには良いなと思えるくらいスカッと気持ちの良いゲームです。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
大賢者
bine(ビネ)
bine(ビネ)
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 6経験あり
  • 1お気に入り
  • 4持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルくだものたろう
原題・英題表記Kudamono Tarou
参加人数2人~4人(20分~35分)
対象年齢9歳から
発売時期2018年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
拡張/関連元もんじろう(Monjirou)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

bine(ビネ)さんの投稿

会員の新しい投稿