マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

ハイリスク兄者さんのレビュー

216
名に参考にされています
2019年04月16日 06時40分

ダイスを振りまくって登山チーム全員を山頂に届けるゲーム。

2人プレイだと4人、3人プレイだと3人、4人プレイだと2人を山頂に届けることになります。

進むためにはダイスを振って、上昇か天候が出れば今出ている上昇の数だけ進むことができますが、振ったダイスの目が全て危険であればバーストになり先頭の登山者が滑落してしまいます。

なのでリスクを冒さず小さい目でも進んで手番を渡すのか、ここで残る危険の目のダイスを振り直してさらに登るための判定に進むかのチキンレース。

基本的には相手を邪魔することはなく、相手に対してできることは崖にいるときに同じマスに止まる目であれば相手を蹴落とすことができるぐらいで、自分の欲との戦いですね。


山頂までは10マスとそんなに長いわけでもないので、パッケに「ミニゲーム」と謳われてもいるとおり、サクッとやるのにちょうどよいゲームです。

ダイスが危険なしで揃ったり、山頂まで1足りないなどでリスクを冒してでも決めたりしたときはやっぱり気持ちいいし、初手6危険引くことも稀にあるので世の理不尽を感じるのもまたこのゲームの醍醐味。

箱のサイズもボードがあるようだと大きいのかなと思わせておいて、一般的なカードゲームの箱より若干縦長に大きいぐらいの小箱なので、携帯性もよく個人的には重宝してますね。

3人〜4人で遊ぶときは登山者コマが余るので、どれが自分の色だったっけ?というのを防ぐために余ったコマを1つ手元に置いておけば間違うことがなくなるかと思います。

4人まで遊べてルールも単純なので、初めにとりあえずであったり、重ゲーの息抜きであったり、相席卓の空き待ちなどなかなか使い勝手も良いゲームではないでしょうか。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
兄者さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 12経験あり
  • 1お気に入り
  • 10持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルハイリスク
原題・英題表記High Risk
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格1,944円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

兄者さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク