マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ハグルHaggle

8/10

50年以上前から語り継がれる究極の短時間情報推理戦ゲーム。

このゲームのすごいところは、ゲームが始まってもルールがわからないところ。

なぜなら、ゲームが始まって渡されるのは封筒のみ。その中にはトランプ数枚と条件カードが2枚とか入っており、条件カードには、「スペードは1点。ハートは3点。ダイヤは5点。クローバーは0点」とか「ジョーカーもってたら負け」とか「連番揃えたら2倍」とか書いてあるので、それを見ながら、リアルタイムでいろんな人と交渉していく。

他のプレイヤーが持っている条件カードやトランプは違うので、条件カードを交換したり、トランプを交換したりして、制限時間10分などの短い時間の中、高得点を目指す。

そして、何が究極かというと、このゲーム、プレイヤー自身がルールやコンポーネントを制作しなければならず、しかも条件カードがわからないことが前提のため、1度遊んでしまうと、その人は2度とプレイできない。

もちろん、制作した人はルールを知っているため、ゲームマスターとしてしか参加することはできない。まぁ、リアルタイムでわちゃわちゃやってる参加者をゆうゆうと眺めるのが一番面白いという人もいるけど笑

個人的には2〜3回つくったことあるが、たしかにお手軽にゲームがつくれる感覚で面白く、参加者が自分のルールの展開(こうやれば得点と見せかけて、実はこういう落とし穴がみたいな)にはまってくれたりすると制作冥利に尽きる笑

弱点は、やっぱりつくるのが正直面倒くさいこと、人数が1人でも足りないと、例えば、10人プレイ前提でつくったのに9人だと、だいたいバランスは崩壊するので、人数制限が厳しいところ、リアルタイムで動きまくるので、場所が限られること、そして同じメンバーで2回遊べないところだろうか。

結構致命的な欠陥が多い気がするが、これだけ短時間で、濃密な時間が過ごせるゲームはなかなかない。そして、ゲームの基盤ができていので、それを前提としたゲームをつくる敷居が低くしつつ、つくる楽しさ(どんなカードがどんな得点でとか)を味わえるゲームという意味では貴重なので、この評価とした(つくると決めて、ルール考え始めれば楽しいよホント)。

ちなみに拡張ルールで、宝探しをつけくわえたバージョン(封筒にいれず、開催場所のいたるところに条件カードと得点カードが隠されている)もあるが、ライアーゲームみたいで楽しそうなので、一度くらいやってみたいものである。

近い作品として、猫の手ファクトリーがあるが、ハグルの情熱にかられてつくられたハグルに比べると、やはり粗い部分が多いのは否めず、あまりオススメできないのが正直なところ。

やはり、ハグルをどうしてもやりたい!やってもらいたい!という思いでつくられたハグルこそ、その究極の境地にたどり着けるといえるだろう。

ということで、やりたいと思っても、やれるゲームではないので、そう思ったら作ってしまえ!笑

もし、それが面倒だという人は、ハグルイベントを見つけたら即エントリーしとけ!笑

あと、ゲームマーケットで1回しか遊べないハグルを売っていたら、私は買うだろう。

そんぐらいのファンはいるし、知っている人は手間も面白さもわかっているので、需要はあるゲームだとは思う。でもやっぱ相当なマニアだけなのかも笑

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:白州
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 64経験あり
  • 8お気に入り
  • 4持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルハグル
原題・英題表記Haggle
参加人数10人~100人(15分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1963年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインロバート・ビリングスレイ(Robert Billingsley)シド・サクソン(Sid Sackson)
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 217
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月29日 01時22分

    8/1050年以上前から語り継がれる究極の短時間情報推理戦ゲーム。このゲームのすごいところは、ゲームが始まってもルールがわからないところ。なぜなら、ゲームが始まって渡されるのは封筒のみ。その中にはトランプ数枚と条件カードが2枚とか入っており、条件カードには、「スペードは1点。ハートは3点。ダイヤは5点。クローバーは0点」とか「ジョーカーもってたら負け」とか「連番揃えたら2倍」とか書いてあるので、それを見ながら、リアルタイムでいろんな人と交渉していく。他のプレイヤーが持っている条件カードやトランプは違うので、条件カードを交換したり、トランプを交換したりして、制限時間10分などの短い時間の中...

    白州さんの「ハグル」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿