マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 20分~30分
  • 8歳~
  • 2020年~

盈月列車大下バルサラさんのレビュー

60
名に参考にされています
2020年10月29日 03時19分

ゲーム中、自分の陣営を言う事ができません。
最初に配られた陣営カードにより目指すゴールが違うので
行動を見ながら敵か味方かを判断する事になります。

プレイ準備の段階で、自分がスタートする車両3枚は見る事が出来ます。


それを車両に見立てて裏返しで並べ、神経衰弱的にめくって行き
自陣営の月が3枚表向きになった状態で、誰でも良いので一閃を引いたら
条件の揃っているチームの勝利となります。


紫は、蒼の月 と 緋の月 が同数(0含む)表になっている時に一閃が表向きになれば勝利です。

紫だった場合、最初に配られたカードに一閃が入っていれば比較的早めに勝利できる
と思ってドキドキしたりしますが、配られたカードに無い場合は一閃を探しが始まります。

自分の駒が置いてある車両3枚のうち1枚しかめくる事が出来ないですが、
最初の配り方で、車両内には兆と言われる色が偏るので、同じ車両内には同じ月のカードが
入っている事になります。

が、他の車両とシャッフルというカードもあるので混乱させるか自分の手を進めるか試されます。

行動できる回数は、月の石というものを使うのですが
ターンの最初に二つの山に分けた石をどちらが欲しいかを指さしで指定し
1人になるまで行います。

数は毎回変わるので、1ターンに2回以上行動できるプレイヤーもいますが
行動出来ないプレイヤーも出てきます。

石は、全員が同時に カードを見る、めくる、車両を移動する の三つから選び
行動を予約し、全員が選び終わったら順番に消費していきます。

残り2枚のカードの中に、引きたいカードと引きたくないカードがあった場合
同じチームの人が同時にその車両でめくるを選んでしまい、負けてしまうという事も起こりえます。

自陣営については意思表示する事が出来ないので
行動を予想しながら自分の行動をしなければなりません。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
大下バルサラさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル盈月列車
原題・英題表記Eigeturessha
参加人数3人~6人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2020年~
参考価格2,600円
クレジット
ゲームデザイン大下 修央(Shuo Oshita)
アートワーク大下 修央(Shuo Oshita)
関連企業/団体スピカデザイン(Spica Design)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大下バルサラさんの投稿

会員の新しい投稿