• 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2013年~

ダンジョンオブマンダム光(Twitter:@Kousakirei)さんのレビュー

240
名に参考にされています
2017年02月16日 20時24分

「兄さんっ、額の傷は…?」「プレートメイルが無ければ即死だった」

 「勇者のくせになまいきだ」というビデオゲームをご存知でしょうか?
ダンジョンに敵や罠を配置して、ダンジョンをクリアしようとする勇者を撃退するゲームです。

 ダンジョン・オブ・マンダムはこのゲームに似ています。皆でモンスターを配置したり、勇者の装備を奪ったりします。では勇者は誰なのかって?それはあなた達プレーヤーで決めて下さい、チキンレースで。

 プレーヤーは自分のターンで「カードを引く」or「ダンジョンから撤退する」のどちらかを選びます。
 「カードを引く」を選んだ場合そこに描かれているモンスターを「ダンジョンに敵として配置する」か「ダンジョンに設置しない、その代わり勇者の装備を1つ奪う」かを選択します。勇者の装備にはHPを増やすものや特定の敵からダメージを受けないもの等がありますが、ゲームが進んでいくうちに「ダンジョンには敵が増え自分の装備はボロボロ」という状態になっていくでしょう。
 「ダンジョンから撤退する」を選んだプレーヤーはそのゲームにはもう参加しません。そして皆が撤退していき最後に残った1人の勇者が「今ある手持ちの装備」で「膨れ上がったダンジョン」に突撃し、HPが0になってしまうと勇者になったプレーヤーが負けとなりライフが「ー1」されます。逆に見事ダンジョンをクリア(敵を全滅)したならば勇者以外のプレーヤー(ダンジョンから撤退したプレーヤー)のライフが「-1」されます。

 全員の初期ライフは「2」です。ライフが0になったプレーヤーは脱落です。あなたは最後まで生き残ることができるでしょうか?


因みにキャッチコピーは「ダンジョンは裸で潜れ」

ようこそ…『男の世界』へ…

光(Twitter:@Kousakirei)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 70興味あり
  • 543経験あり
  • 128お気に入り
  • 372持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ10
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルダンジョンオブマンダム
原題・英題表記Dungeon of Mandom
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ダンジョンオブマンダムのレビュー

  • 266
    名に参考にされています
    2017年06月14日 07時22分

    酒場でエールをあおりながら、勇者たちが腕自慢をしている。いずれもフル装備ならばドラゴンさえも1人で倒せる猛者たちだ。勢い誰が最強かという話しになる。直接斬り結ぶのでは芸がない。如何に軽装備でダンジョンを踏破出来るかで優劣を競うのだ。しかし勘違いしてはならない。このゲームは最強の勇者を決めるゲームではない。チキン野郎を決めるゲームなのだ!このゲームに勝利した者は以降、こう呼ばれるだろう、 「このチキン野郎!」と。

    稲妻老人さんのレビューを読む
  • 261
    名に参考にされています
    2017年02月22日 21時00分

    ●そんな装備で大丈夫か?ダンジョンを探検するゲームです。鎧、武器、回復アイテムすべて、揃っている状態でクリアして何が誇れる。A:私はこんな鎧なくてもクリア出来るもんね!B:あ、私なら鎧プラス盾もなくてクリアできるし!C:まだまだだね、私なら+剣がなくてもいけるよ!AB:あ、ではそれで頑張ってください。C:お・・おう!と、まあ極限までギリギリでダンジョンクリアを目指すゲームです。引き際と、モンスターの仕込みが鍵となります。

    キマリさんのレビューを読む
  • 240
    名に参考にされています
    2017年02月20日 17時50分

    このゲームはダンジョン内に潜むモンスターと自分の装備を見比べて、ダンジョンに挑戦するか、降りるかを選択するチキンレースゲームです。最後の1人になるまで生き残るか、ダンジョンを2回攻略した人が勝者となりますが、自分がダンジョンの攻略を目指すより、ライバルにブラフを仕掛て無謀なダンジョンに突撃させて脱落を狙っていく方が断然面白いです。遊び方もとても簡単で、手番が来たらパスで勝負を降りるか否かを決め、降りない場合はモンスターカードを引き、その後にカードを伏せて置くか、カードを置かずに装備を外すかを選択してこれらを順番に繰り返していくだけ。伏せられたモンスターカードの枚数が増えてきて一見攻略が難...

    ままさんのレビューを読む
  • 172
    名に参考にされています
    2017年01月24日 20時15分

    剣と魔法の世界でダチョウ倶楽部プレイヤーは剣と魔法の世界に生きる冒険者。ガチの装備を持つ彼らにとってダンジョンからお宝を持ち帰ることなんて他愛の無いこと。しかし、酒場での度胸自慢を始めた彼らは「俺はここまで装備を剥いでも潜っちまえるんだぜ!」「俺なんかそれに加えてコレももっていかなぃだぜぇ。ワイルドだろぉ?」と杉ちゃんみたいなことを言い出す。かくして危険なモンスターで一杯(?)のダンジョンにスカスカの装備で潜るのは誰か?そして潜ったバカはお宝を持ち帰り武勇を示すことができるのか!?そんなことを疑似体験するボードゲームです。ダンジョンのモンスターは手番ごとにどんどん増え、持っていく装備は貧...

    男爵さんのレビューを読む
  • 168
    名に参考にされています
    2016年11月25日 18時55分

    俺たちゃ最強の戦士だ! モンスターなんて屁でもねぇ 俺は鎧無しでもいけるぜ! それなら俺は竜なんて素手で倒してやる! いやいや、アンデットの聖杯なんて いらねぇぜ! じゃあ俺が、じゃあ俺も、いやいや俺が どうぞどうぞどうぞ・・・という、 ダチョウ的なゲームです。痩せ我慢はいけません!

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんのレビューを読む
  • 123
    名に参考にされています
    2016年10月11日 12時00分

    「ダンジョンは裸で潜れ!」というキャッチコピーが印象的な作品ですが、基本的にはチキンレースとなります。「いかに軽装でダンジョンに潜り、無事に帰ってくることができるか」を競うゲームとなります。プレイヤーは、山札からモンスターカードを1枚引き、「ダンジョンにそのモンスターを配置する」か「装備を一つ捨てる」という行動を順番におこないます。カードを引く前に「パス」と宣言すると、そのプレイヤーは脱落です。どんどん増えてくるモンスターに、弱くなっていく装備、この命を懸けたチキンレースの行方は・・・。という感じで、かなり盛り上がるゲームです。プレイ感も軽いので飲みながらでも遊べる作品となっております。

    横浜ボードゲーム会@はまりばカフェさんのレビューを読む
  • 106
    名に参考にされています
    2016年10月11日 01時44分

    ★★★★☆4.0/5.0何度やっても飽きないし、かんたんに騙し合いができるお手軽ゲー。小型で持ち運びやすい点もポイントが高い。ルールはシンプルで、敵を強くするか自分を弱くするか。チキンでも負けるし向こう見ずでも負ける。運も多少あるけど、駆け引きは十分楽しめる。とりあえず持っといて損なしかな。

    R@さんのレビューを読む
  • 102
    名に参考にされています
    2016年05月09日 19時05分

    サクサクできるチキンレースゲームでお気に入りです。モンスターをダンジョンに送るか装備をひとつはずすか、他のプレイヤーはどんなモンスターを送ってるのかどんな理由でその装備をはずすのかという読み合いが楽しいです。
    困難な条件でダンジョンに挑ませるつもりが自分以外がパスしてしまい自分が潜る羽目になり死んでしまうとか、逆にうまく他のプレイヤーをはめて死なせるときの爽快感はすごくいいです。
    箱が手のひらサイズなのでどこにも持っていけて、広げても場所をとらないので行楽に持っていけるという利点もすばらしいです。

    さいスケさんのレビューを読む

光(Twitter:@Kousakirei)さんのレビュー

会員の新しい投稿