マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

チャオチャオatcktさんのレビュー

218
名に参考にされています
2017年06月25日 23時03分

1~4と、×が2つ描かれたダイスを筒の中で振り、出た目の数だけコマを進めて、他のプレイヤーはそれが本当かどうか、見破るゲームです。
橋を渡り切ると得点を得ることが出来、規定状態になった時に、勝者が決まります(得点計算の場合もあります)


▼ゲームの概要

手番では筒を振って、中にあるサイコロを振ります。
次に数字を大きな声で宣言します。
手番プレイヤーから時計回りに、「それが本当かどうか」を考えて、嘘をついていると思ったら、サイコロをチェックさせてもらいます。

チェックした時、嘘だったら、そのプレイヤーのコマを箱に1個落とし、自分のコマをその数字分進めます。

ほんとだったら、逆に自分のコマを1個落とします。これらのコマは一番進んでいるコマで「渡り切っていないコマ」が落ちます。進んだものが無ければ、出していないコマから落ちます。

こうして、3つ渡したプレイヤーが勝者となります。勝者がいない場合、全員のコマが落ちた(渡り切った)段階で数字の合計が高いプレイヤーが勝ちます。


▼プレイの感想

私個人の中で、ブラフゲームの基礎の1つです。
サイコロの2つは×が描かれており、「必ず嘘をつかないといけなく」なっています。
ここで嘘をつく、という構造がブラフゲームとして、すごくわかりやすく、その反応、表情、息遣い、目の動き、顔の動きなどから予想を立てて、ブラフを当てるのが楽しいゲームです。

とはいえ、これをまじめにわざとあれやこれやしてサイコロを見て、そういったことが分からないようにする、というプレイをやるより、純粋に見て、数字をどーんと宣言して遊ぶのが面白いと思います。

もちろん、対策はその1つの楽しさですが、それをやらず、子供のように遊ぶのがこのゲームを一番楽しめるのかなぁ、なんて思います。

この時は、雨がもうすぐ止むので10分ぐらいでぱぱっとやっちゃおう! ってことで遊んでました。私もそうですが、みんな分かりやすくて面白かったです(笑

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 246興味あり
  • 1544経験あり
  • 256お気に入り
  • 724持ってる
プレイ感の評価
運・確率21
戦略・判断力6
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ28
攻防・戦闘1
アート・外見4
作品データ
タイトルチャオチャオ
原題・英題表記Ciao, Ciao…
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1997年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿