マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
チャオチャオ
  • チャオチャオ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

チャオチャオ

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
宣言された数字は本当か嘘か!ブラフとはったりのすごろくゲーム
  • アレックス・ランドルフ(Alex Randolph)作

ダイスの目の分、自分のコマを進ませることができ、たくさんゴールさせることができると勝ちです。

ダイスの目の分、と説明しましたが、ダイスの目を見るのは自分だけ。筒の中にあるダイスを確認して、数字を宣言します!

他のプレイヤーにはダイスは見えません。特に何も指摘が入らなければ、宣言した数字分進むことができます。このとき、実際にダイスの目が何であってもかまいません!

ただし、指摘が入った場合はダイスの数がチェックされ、宣言した数字と実際の数字が異なる場合は自分のコマがチャオチャオしてしまい、谷底に落ちてしまいます…。

また、ダイスには☓があり、☓が出た場合は何か数字を宣言しなくてはいけません。

大きい目の数字ほど指摘が入りやすいですが、それでもたくさん進みたい!はったり上手が強い、ブラフゲームです。

レビュー 11件

416
名に参考にされているルール/インスト
2018年03月21日 20時45分

ゲームの準備を始めます。


各自いずれかの色のコマをすべて受け取ってください。その内1つを矢印が描かれたマスの上に置いてください。残りのコマは手元に置いても下図のように箱の外周に並べておいても構いません。

準備が終わると上図のような状態になります。


適当な方法(最近吊り橋を渡ったプレイヤーもしくはじゃんけん等)でスタートプレイヤーを決めてください。



↑準備ここまで↑


次にゲーム進行について説明します。

手番が来たらダイスを筒の中に振って、数を宣言します。

ダイスの出目は1~4と×が2面あります。×が出た場合、必ず嘘をつかなくてはなりません。

1~4の出目が出ても嘘をついて構いません。

手番プレイヤーは宣言した数字だけ吊り橋を進めます。

吊り橋を進んだあと、他のプレイヤーはその宣言に対して先着1名だけが「嘘だ!」と言えます。

同時に宣言された場合、どちらの宣言にするか両者で決めてください。

手番プレイヤーが宣言した数が嘘であった場合、手番プレイヤーのコマが「チャオチャオ~」と言って橋から落とされます。

さらに、「嘘だ!」と宣言したプレイヤーは手番プレイヤーが宣言した数だけ自分のコマを進めます。

逆に、手番プレイヤーの宣言が本当だった場合、「嘘だ!」と宣言したプレイヤーのコマが「チャオチャオ~」と言って橋から落とされます。

「嘘だ!」と言われなければ宣言通り進んだままで、出目をリセットして次のプレイヤーに手番が移ります。

(参加者の同意があれば出目をリセットしなくても構いません)

コマが橋から落ちたプレイヤーは次のコマをスタート地点に配置してください。

コマが橋の最後のマスに到達もしくは最後のマスを越えて進んだのち、「嘘だ!」の宣言がなかったもしくは「嘘だ!」の宣言はあったが宣言が正しい数だった場合、そのコマは「渡った」ことになります。

「渡った」コマは①~⑧のマスの①から順に置いていきます。


次に勝利条件について説明します。

①誰か1人のコマが3個「渡った」場合、そのプレイヤーの勝利です。

②誰も3個目のコマを渡らせることができない場合、ゲーム終了時に着順マスの数字の合計が高いプレイヤーの勝利になります。


最後に「嘘だ!」宣言について補足します。

ゲームが進み、手持ちのコマがなくなった場合、そのプレイヤーに「渡った」コマがあれば「嘘だ!」と言うことができます。当たれば手番プレイヤーのコマを落とせますが、外した場合「渡った」自分のコマが落とされます。

つまり、手持ちのコマがなくなって「渡った」コマもないプレイヤーは脱落となります。


以上です。

チャオチャオ~!

続きを読む
閉じる
202
名に参考にされているレビュー
2017年12月22日 21時25分

■えっ何これ、面白いじゃん。”買い”じゃね? えっ、”買い”じゃねえ?

というのが、友人に遊ばせてもらった感想です。
何人かと家で遊ぶような時にこれがあれば、しばらくは笑いの絶えない時間が過ごせることでしょう。



■俺のサイコロ?もちろん4だよ!4に決まってんじゃん!だから4進めるよ、いいよね?ね?

筒の中でサイコロを振って、自分だけが確認する。そして《自己申告した出目の分だけ》コマを進める、というブラフ系すごろくゲーム。ざっくり言えば、サイコロでダウトをするようなもんです。誰でもすぐ覚えられるシンプルなゲームだけど、こ〜れが実に盛り上がるんですね。

サイコロの目を正直に読むもよし。嘘をついてコマを加速させるもよし。ダウトを成功されるとコマを1つ失うけど、失敗したらダウトした側がコマを失う。嘘をつかずにいる限りは安全にプレイできるはずなんですけど、そこは特製サイコロのおかげで、3分の1の確率で「絶対に嘘をつかなきゃいけない」って設計になってるのがニクいっすね。

ダウトする側も結構なリスクを負うので、場面によっては、相手が明らかに嘘をついてるような時でも、ダウトできなかったりするんですよね。そういう心理を読みながら、ここぞというタイミングで強気の嘘やハッタリをぶちかませば、相手を罠にかけられたり、しぶしぶ見逃してもらえたりするんです。楽しいっすよ。想像できますかね。


■ちょっと想像してみてください。

「俺、予告するわ。次のサイコロは4(最大)だね。4が出るよ。(筒を覗いて)そら来た、4!」
『嘘つけ!ダウト!』
「へへへ、ほんとに4でした〜」
『ぎぇぇぇぇぇぇ』


なんて場面を演出できた時のドヤ顔を。
わかります? ほっくそ笑みますよね。

しかも、運ってのは面白いもので、一度これがキマると、次もまた同じ技が成功したりするんですよ。自分でも、まさかと思うじゃないですか。つい顔が笑っちゃうじゃないですか。その表情を見た相手が自信満々でダウトをしかけてくるじゃないっすか。でもこっちは嘘ついてないじゃないですか。ふひひ。そうなるともう、笑いが止まらないですよね。



■チャオチャオ〜〜〜〜〜!って言いたい。でも、言われた側は悔しいだろうな〜〜、、

ちなみにこれは知らなかったんですけど、このゲームには相手のコマを脱落させる時の掛け声があって、「チャオチャオ〜〜!」って言うらしいんですよね。バイバーイ、みたいな感じですかね。

響きがいいですよね。チャオチャオ。かわいい。そして言われた側にとっては絶妙に悔しい感じの掛け声。


前回やったときはこの掛け声は無しだったんですけど、今度やったら絶対使いたいっすね。チャオチャオ〜〜〜〜!(ゲス顔)つってね、相手のコマをコツンってね、橋から落としちゃったりなんかしてね。視界の端で、相手の悔しそうな顔を眺めちゃったりとかしてさ。想像するだけでもニヤニヤしちゃいますね。

これ楽しい!欲しい!チャオチャオ〜って言いたい!しかも何、安いじゃん!箱もそんな大きくないし。えっ、ポチっていい?えっ?

って時に脳みそ動かさないでポチれちゃうんだから、大人になってよかったなって思いますよね。社会人万歳。よーし、来週もまた頑張って働いちゃうぞー!チャオチャオ〜〜〜!

※このテキストを書いている現時点で、私自身はまだ購入してません。実はまだ我慢中。でもあなたは我慢しなくていいわけです!えええー、いいなあーーー!いーいなあーーーー!!

続きを読む
閉じる
186
名に参考にされているレビュー
2018年05月10日 11時42分

放課後さいころ倶楽部でも、ストーリーに登場した作品であります。


今回、5年生とプレイした感想ですが、正直者が一番強かったです。子ども達は楽しんでいました。


×の目がサイコロで出た際には嘘をつかざるをえませんが、それ以外の数字が出た時に「嘘だ!」と宣言するリスクが高い気がします。橋の後半に差し掛かったこまの場合、あまり嘘をつくメリットもないような…


×の目が序盤に結構出ていると、嘘を警戒すると思いますが、今回は序盤に3~4の目ばかりで嘘つかないパターンだと普通にサクサク橋を越えられてしまい、嘘と宣言した人がバシバシ橋の下へ落下していきました。


ただ、橋の下にコマを落とすのは非常に楽しかったようです。それも楽しみ方の一つかな、と思いました。

続きを読む
閉じる
184
名に参考にされているレビュー
2018年04月09日 22時01分

ブラフすごろく。

ダイスを筒の中に振ってバツが出たら必ずウソをつかなくてはいけないというルール。1出目は1~4あって、普通の出目が出てもウソがつける。

極端な話2連続「4」の宣言が通れば1コマ渡りきれて、最速6手番で勝てる。(実際はそんなに甘くはない)

バツが出たときにどうウソをつくかが肝心。

控えめに1宣言だと後手後手になってしまうし、4だと露骨すぎてダウトされやすい。

ならば2か3か……むむむ、と言った具合である。ブラフの「4」宣言で進めるとにんまりしちゃう。

ウソをつくのが苦手な人でもそんなに負荷なく楽しめると思う。

相手の宣言に対してダウトするのかしないのか。自分のコマの状況なども考慮しながら一喜一憂するのが楽しいゲームです。対応人数MAXの4人で遊んだ方がより楽しいと思います。


以下、ざっくりルール。

たった8マスのすごろく(吊り橋)を1~4とバツが2つあるダイスを筒の中に振って、数を宣言して進む。それに対して他のプレイヤーはダウトが出来て、ダウト成功だと手番プレイヤーのコマが吊り橋から落ちる。さらにダウトに成功したプレイヤーは宣言した数だけ進むことができる。

これを繰り返して先に自分のコマを3つ渡らせるか、全員が2つ以下しか渡らせられなかった場合、着順がそのままポイントになるので合計ポイントの多いプレイヤーの勝ち。つまり全員が2個以下の場合は遅くゴールした方が有利。

続きを読む
閉じる
166
名に参考にされているルール/インスト
2016年12月27日 02時16分

ヴァリアントルールを考えてみました。


■ 朽ちかけた吊り橋 ■


・食人植物や猛獣に底無し沼。そんな危険なジャングルに掛かる吊り橋は、朽ちかけ今にも崩れ落ちそうである事が常識です。


・トランプ8枚(ジョーカー1枚/他7枚)を用意します。

・カードをシャッフルして、ボードに描かれた吊り橋の板(スタートとゴールを除く8マス)と同じ形で、裏返しにして並べておきます。

・ゲームスタート。

・探検隊員(コマ)が進み、吊り橋の板(マス)に止まった時、ダウト処理が終わった後で、対応したカードを捲ります。

・ジョーカー以外のカードがでたらセーフです。以降、その場所のカードは表向き(セーフ)にしておきます。

・しかし、ジョーカーがでた場合、その板は腐っていて、コマは吊り橋から落ちてしまいます。チャオチャオ♪

・ジョーカーを出してしまったプレイヤーは、全てのカードを一度回収して、新たに並べ直します。

・この時、罠(ジョーカー)を、他のプレイヤーには見せず任意の位置にセットし直す権利(アドバンテージ)を得ます。

・罠は、既にコマのあるマスにもセットする事ができますが、罠の発動は「次に」そのマスをコマが踏んだ時になります。

・カードが捲られていき、残り1枚が罠(ジョーカー)である事が判明してしまった場合、直前(7枚目)にカードを捲ったプレイヤーが、罠の再セットを行う権利を得ます。


※前半、カードが捲られていない時には、ダウト以外にも、コマを進める際の不安要素が加わります。

※後半、カードが捲られていくと、コマの進め方に不自然な点が生まれ、ダウトを行う目安にもなります。

※牛歩戦術には特に障害となり、堅実派にもギャンブルを(半強制的に)楽しんでもらう後押しになります。


■ 個性的な隊員 ■


・どこにでも個性的な人がいるものです。そこがジャングルで、それが探検隊の中であっても‥。


・7つのコマから成る探検隊。その内の1つを「別のゲームのコマ(ミープルなど)」と差し替えて、見た目を変えると共に、個性(下記例を参照)を持たせます。

・その個性的な隊員を、いつゲームに投入(1~7番手)するか、タイミングは各プレイヤーに委ねられます。


・例1「マッチョ隊員」

・マッチョ隊員が吊り橋から落ちてしまった場合、その筋肉の重みから橋が揺れて、マッチョ隊員がいるマスを含めて前後2マスの範囲(計5マス)にあるコマを、道連れにしてしまいます。


・例2「セクシー隊員」

・セクシー隊員が吊り橋から落ちようとしている場面、セクシー隊員がいるマスを含めて前後1マスの範囲(計3マス)に別のコマがある場合、そのコマが身を挺し代わりに落ちてくれます。

・対象のコマが複数ある場合、セクシー隊員に近いコマが適用されます。同じマスに複数対象のコマがある場合、セクシー隊員を操るプレイヤーがどのコマを身代わりにするのかを選べます。尚、同じセクシー隊員は対象になりません。


・例3「人狼隊員」

・人狼隊員は、同じマスにあるコマ1つを食べて(橋の下に落として)しまいます。ただし、人狼隊員がいるマスを含めて前後1マスの範囲(計3マス)に別のコマが2つ以上ある場合、逆に人狼隊員の方が処刑されて(橋の下に落とされて)しまいます。


・例4「フラグ隊員」

・「俺‥この探検が終わったら、結婚するんだ‥」。フラグ隊員は早く婚約者のもとへ戻りたい為に、「4」しか宣言する事ができません。ただし、彼の目には「×」も4に見えています(対戦相手にもそれを強要します)。その為、サイコロの出目が「1・2・3」なら嘘、「4・×・×」なら正直な宣言として処理されます。


※カルカソンヌの拡張にある、大きなミープルの様な立ち位置です。チャオチャオの持つシンプルさを損なわない為にも、差し替えはコマ1つに留めます。

続きを読む
閉じる
133
名に参考にされているレビュー
2017年12月24日 16時44分

6/10

ガイスターやはげたかのえじきをデザインしたデザイナーのブラフゲーム。

サイコロを振り、出た目の数だけ進むのだが、この目が振ったプレイヤーしか見えないため、嘘をついて多く進んでも良い。しかし、ブラフと摘発されると、その瞬間、奈落の底へ真っ逆さまでそのコマで得点を得ることはできない。もちろん、ブラフをミスると、自分が落ちてしまう。

そして、目の中には「☓」があって、これが出た場合は絶対に嘘をつかなければならない。

要するに心理戦なのだが、大きい目が出まくるプレイヤーはやっぱり強いし、☓ばかりでれば不運なこともあり、それでゲームの勝敗が決まってしまうこともあるのが残念。仕方ないといえば仕方ないのだが。

そこを許容するかどうかで好みが別れるゲーム。

また、他のゲームに比べ、嘘がバレたときのリスクが強烈(というか積み上げ式なので、それまでのものがパーになる可能性があるブラフゲー)なため、ブラフが苦手な人にはかなりきついタイプのゲーム。個人的にはもう少し軽いブラフ(コヨーテとかゴキブリとか)のほうが好み。

昔はレアゲーの1つとして有名だったが、メビウスゲームズが再販して広く普及している。よかったよかった。

とはいっても、やはり昔のイラストが好きなのはしょうがないのだろうか笑

続きを読む
閉じる
100
名に参考にされているレビュー
2016年04月22日 09時40分

アレックス=ランドルフ先生の作品。
ジャングルの橋をサイコロを振って、橋を渡っていきます。
ただサイコロは1~4。それと×が2つ入ってます。
×を出すと進むことができないのですが
自分の手番になったら筒に中にサイコロを入れて
周囲に見られない様に振り、出た目を宣言します。
必ず正直に言う必要はありません。
特に×が出たら嘘をつく事しかないのです。
周囲のプレイヤーは嘘だと思ったら「チェック」を宣言し
筒の中を見せてもらいます。
筒の中が宣言通りであれば「チェック」を宣言したプレイヤーのコマを
筒の中が嘘であればサイコロを振ったプレイヤーをコマを
橋の上から「チャオチャオーッ!」と落とします。
橋を渡り切れば点数が入る。点数は後からゴールする方が
得点が高い。誰かが先に3つのコマをゴールさせるか
8つのゴールのマスが埋まった時、点数が一番多い
プレイヤーが勝利する。

後にゴールするコマが点数が高いため、
序盤は皆の目がやさしいが
ゲームが進むとだんだんと周囲の目が厳しくなってくる。
意外に正直に宣言してるプレイヤーが勝利したりする
悩ましいゲームです。

続きを読む
閉じる
79
名に参考にされている戦略やコツ
2017年05月20日 04時01分

初見プレイなりに感じたことは、序盤は可能な限り手堅く正直にダイスコールして進め。コマ数を温存させる。他プレイヤーのコールもスルー。終盤に一気に畳みかける。このゲームは最後にゴールすると高得点なので、コマ数が多いほど余裕もでてプレッシャーを与えられる。コマ数が少ないと積極的にブラフもコールしにくい。50パーセントの高確率でコマを失うから。他プレイヤーに先取されても慌てずコマを終盤まで温存できれば、かなり優位になる。

続きを読む
閉じる
71
名に参考にされているレビュー
2016年04月25日 17時58分

仲の良い友達同士で遊ぶと、橋からコマを落とす時にとっても盛り上がります!
無駄に煽り合ったり、外野の「これ絶対ウソだよ!」と言う言葉を信じてチェックしたら自分が池ポチャになったりして、ブラフゲーなのにパーティーゲーム感覚で遊べました。
単純なルールだから子供でも遊べそうだと思ったけど、池に落とされるというシステムで拗ねたり悲しい気持ちになってしまうかもしれないので、その点は少しだけ注意ですね。

続きを読む
閉じる
68
名に参考にされているレビュー
2017年05月20日 13時12分

初対面の相手にも、まるで家族のように楽しめたw

続きを読む
閉じる
41
名に参考にされているレビュー
2018年04月18日 11時43分

ダイスの目をごまかしてもよいすごろくです。ばつ印の目が出たら絶対に嘘をいつかなければなりません。

ブラフがバレて橋から落ちていくのがなんとも悲しい。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,400(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 129興味あり
  • 924経験あり
  • 130お気に入り
  • 427持ってる

チェックした商品