マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2019年~

センチュリー:ニューワールドSigma Siumaさんのレビュー

135
名に参考にされています
2019年11月06日 22時29分

センチュリー3部作の3作目。

4種の交易品について、採取・交換を繰り返して増やし、それを支払って勝利点カードを買い取る、という点は、前2作と同じ。


変わったのは、交易品の入手方法。今作はワーカープレイスメントで、手持ちの労働者をボード上のマスに配置することで、マスの効果を得ます。今作の「休憩」は、労働者を全員手元に戻すこととなっています。

マスによって、必要な労働者の数が決まっているのですが、他プレイヤーが使用済みのマスでも、労働者を注ぎ込むことで自分も使えますが、押しのけられた労働者は他プレイヤーの手元に戻ってしまうので、他プレイヤーの「休憩」の回数を減らしてしまうジレンマがあります。


今回の勝利点カードには、点数だけでなく、方位磁石 (ボード上の封鎖されているマスを解放する)、カバン(労働者を増やす)、アクセサリ(労働者の配置必要数を減らす)、ハンマー(採取時に追加の交易品を得る)という4系統の特殊能力があり、それぞれ、セットコレクションによるボーナス得点を得ることも出来るのですが。

この中で、アクセサリ・ハンマーの有効性があまりにも低く、にも関わらず、カード自体の得点が低く抑えられているので、初回はともかく、リプレイするごとに「なんか点数配分がおかしい」「このゲームは特定のカードが強いのだな」と感じる程度ならともかく、「このアクセサリ・ハンマーを取ったら、方位磁石 or カバンが場に出てくるので、誰も勝利点カードを取ろうとしない」と、場の停滞にすら繋がってしまうので、何らかのハウスルールで、勝利点カードの調整が必要と考えます。


スパイスロード/イースタンワンダー と組み合わせても、勝利点カードはニューワールドのものを使用しますので、話は変わりません。

三部作の最後、しかもワーカープレイスメントというゲーム性の変化をつけただけに、なぜこんな調整不足を残したのか、首をひねっています。

とはいえ、探索タイルは取っても追加ボーナスなし、ぐらいに方位磁石を弱体化させると、妥当になるような感じはしますので、試してみては如何でしょうか。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Sigma Siumaさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 76興味あり
  • 90経験あり
  • 16お気に入り
  • 75持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルセンチュリー:ニューワールド
原題・英題表記Century: A New World
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Sigma Siumaさんの投稿

会員の新しい投稿