マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 15分~30分
  • 8歳~
  • 1993年~

ブラフTanaka Kazuhiroさんのレビュー

158
名に参考にされています
2018年11月05日 16時00分

このゲームは見た目から想像する通り、確率計算が得意な者が有利だ。

だが不思議なことに確率に頼ったプレイヤーは大抵途中で脱落する。なぜなら確率計算には「各プレイヤーの性格」や「場の雰囲気」といった要素が入らないし、そもそも宣言したプレイヤーが確率を熟知しているのか否かで宣言に込められた意味も変わってくるが、そういった要素も確率計算には入らない。


さらに言えば、ダイスの出目は数千回以上ロールすれば概ね期待値通りになるが、数回~十数回程度では乖離が激しく、更に「今回の1回」に限定すれば殆どアテにはならない。

それよりもこのゲーム、「隣は誰か?」の方がよほど重要だ。ブラファーの後ろは判断が難しく、堅実なプレイヤーの前だとブラフを仕掛け難い。初対面同士の場合、周囲のプレイスタイルを探るのがゲーム序盤の仕事になるだろう。

自分が周囲からどう見られているのかも重要だ。嘘つきだと思われていると簡単に「チャレンジ」を宣言されるのでブラフを仕掛けるのは危険だ(むろんそれを逆用する策もある)。


個人的には「チャレンジ」宣言して勝利する方がうれしい。カップの中を読み切った成果だから。つまり、嘘や駆け引きの奥にある真実を見抜くことにこそ、このゲームの神髄がある。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • きむにぃ
  • Nobuaki Katou
Tanaka Kazuhiroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 188興味あり
  • 1146経験あり
  • 265お気に入り
  • 438持ってる
プレイ感の評価
運・確率16
戦略・判断力8
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ22
攻防・戦闘3
アート・外見3
作品データ
タイトルブラフ
原題・英題表記Bluff / Liar's Dice
参加人数2人~6人(15分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期1993年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク