マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 45分前後
  • 12歳~
  • 1996年~

キルDr.ラッキー 19.5周年完全版Tanaka Kazuhiroさんのレビュー

104
名に参考にされています
2018年09月25日 17時38分

何も知らず?館を徘徊するラッキー博士と、彼に恨みを持ち、殺害する機会を伺う訪問者(プレイヤー)たち。他者を出し抜いて殺害(勝利)したい、でも殺害を阻止する時は一致協力する。競争相手も今だけ味方、でも結局は敵。

殺害を試みるたびに殺意(殺傷能力)が上がり、最後には阻止しきれなくなって、ラッキー博士は遂に殺害されてしまう。


殺害といっても残酷表現は特になく、ゲーム全体としてはコミカルな雰囲気を持っている。

第三者の視線に入ってはならないシステムは斬新。どこかの部屋でラッキー博士が来るのをじっと待つという、忍者か暗殺者みたいな行動をとるようになる。

殺害を阻止する役目を押し付け合うなど局面によってプレイヤー同士のヘイト値が乱高下する。あまりにサボっていると(手札を温存していると)皆から恨みを買うことに。

多人数でプレイすると周囲の思惑が読み切れなくて適度に乱戦となるが、二人プレイだと思考性がかなり上がって読み合いのゲームになる。将棋か囲碁でもやってるような気分になった。


万全を期して本気で殺しに行く時は中々興奮する。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • きむにぃ
Tanaka Kazuhiroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 37興味あり
  • 112経験あり
  • 25お気に入り
  • 111持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルキルDr.ラッキー 19.5周年完全版
原題・英題表記Kill Doctor Lucky
参加人数3人~8人(45分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1996年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク