• 2人~5人
  • 45分~120分
  • 10歳~
  • 2000年~

バトルクライsokuri3510のリプレイ日記(2017年1月14日)

143
名に読まれています
2017年01月21日 22時25分

今回のシナリオのスタート時の布陣です。

マップの上側に布陣する青色が北軍(アメリカ合衆国)、下側に布陣する灰色が南軍(アメリカ連合国)です。戦力的には歩兵の数で南軍が上回っています。

このゲームでは、軍は左翼、中央、右翼に別れます。右、左はそれぞれのプレイヤーが自陣後方から見ての方向となるので、自軍の右翼は相手軍の左翼と対峙することになります。このマップていえば、南軍の右翼はマップ右側に布陣し、北軍の左翼と対峙しています。

開戦前の両軍のプランとしては、北軍は左翼後方の主力部隊を前線に早急に到達させてたうえで中央を避けて左右から攻撃。南軍としては兵力的に上回る中央から突破して北軍を左右に分断する作戦です。


まず緒戦で両軍の砲兵が撃ち合った後、中央部で押し出した歩兵同士の戦闘が始まりました。損害はほぼ互角でしたが、兵力で劣っている北軍の中央軍はかなり薄くなって既に危険な状態。しかし、北軍の優先事項は左翼後方の主力部隊の展開なので、損害に耐えつつ左翼後方の兵力をじわじわと進めていきます。

ここで北軍は右翼の攻撃カードが溜まってきたため、右翼で攻めることにします。

将軍に率いられた北軍右翼は敵陣奥深くまで突破して南軍中央軍の背後を脅かすところまで一気に進撃します。騎兵の防戦で進撃した歩兵は除去されましたが、南軍の左翼は大きく後退した形になり、北軍の中央に対してプレッシャーが全くかけられない状態になりました。

ただしこの段階では兵力の損害的には大きな差はなく、勝負はまだ分かりません。


北軍の右翼の攻撃がほぼ停止したところで、北軍の手元にはこんどは左翼の攻撃カードが潤沢に溜まってきました。(実は今回のプレイでは強力な攻撃カードがほとんど北軍の側に行ってっていました)
北軍の左翼の前線は丘に布陣しており、積極的に攻める作戦ではなかったのですが、思い切って進撃することにします。後方に布陣していた主力軍もすでに前線に到着しつつあり、北軍の左翼は南軍の右翼を戦力でも上回っています。
攻撃に継ぐ攻撃で、一瞬にして南軍の右翼は潰走します。最後は丘を駆け下りた騎兵と歩兵の追撃で南軍の歩兵が除去されて、勝負がつきました。北軍の勝利です。


終了場面。北軍(青)の左翼(マップ右側)が南軍(灰色)を圧倒しています。


北軍の中央にはほとんど戦力が残っていませんが、逆に言えば南軍の主力である中央軍は対峙する相手がいなくなって遊んでしまっています。

今回のプレイは北軍が手札に恵まれた感はありますが、南軍は戦力的に上回っている上に森に陣取ったことから受け身になりすぎました。いくら良い地形に大戦力を布陣したところで、そこに攻めてきてくれなければ意味がないですね。

勝敗プレイヤー名最終得点
sokuri3510

参加者 1人
2017年01月14日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 3持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルバトルクライ
原題・英題表記Battle Cry
参加人数2人~5人(45分~120分)
対象年齢10歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

同じプレイヤーが含まれるリプレイ日記

会員の新しい投稿