マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

マリアMaria

初級は行軍戦

初級と中級に分かれています。
初級(マップが小さめ):
フランス → オーストリアの領土を9個取れば勝ち
プロイセン → オーストリアの領土を12個取れば勝ち(2個は開始時に占領済み)
オーストリア → 上記2ヵ国が勝利条件を満たさずに9ターン経過させる
基本的に行軍の戦いで、フランスとプロイセンは兵站の動きが非常に常用となります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. GjackalGjackal
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 41経験あり
  • 13お気に入り
  • 26持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力4
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見2
作品データ
タイトルマリア
原題・英題表記Maria
参加人数2人~3人(210分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 159
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月28日 20時54分

    最近世間では中国SF『三体』が話題ですが、マリアの魅力も実質三体問題にあります。三体問題とは、三つの天体が互いに万有引力を及ぼした時、その軌道が滅茶苦茶になって解析できないというもの。プロイセン・フランス・オーストリアの関係は、当初は定まっていますが、交渉によって変化させることができます。マリアにおけるゲームバランスは、事前に調整されているというよりも、プレイヤーの駆け引きによって初めてもたらされるものだと言えるでしょう。そのバランスの取り方に魅力がある。2ではなく3の。これを超える傑作でなければボードゲームを買わないように心掛けたところ、見事に購入欲が激減しました。

    MC流れ弾さんの「マリア」のレビュー
  • 284
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月26日 02時08分

    1740年、神聖ローマ帝国皇帝カール6世が死去!元々カール6世は生前に娘のマリア・テレジアにオーストリアを継承させることを諸外国に了承させてたわけですが、実際にはそれを反故にして領土や皇帝の座を周りから寄ってたかって狙われる、オーストリア継承戦争が題材の3人用ウォーゲームです。プレイヤーはオーストリア、フランス、プロイセン&国事軍(イギリス等の連合軍)を担当しターンごとに政治、補給、移動、戦闘、城塞の支配を行います。戦闘はトランプを使って戦います。戦闘の場所ごとにスートが書いてあり、そのスートを出して戦力を比べあいます。差分がダメージになるので負けるときにもうまく負けないと一瞬で兵が除去...

    一味さんの「マリア」のレビュー
  • 230
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月11日 03時49分

    オーストリア、フランス、プロイセンの三つ巴のウォーボードゲーム。トランプとほぼ同じカード(以下トランプと呼びます)を資源として使用する。ラウンドの初めには政局フェイズがあり、この時には政局を動かすカードを使う権利を得る為にトランプを使う。政局の結果次第では5人くらいしかいない将軍が1人使用不可になったり、毎ラウンドのトランプの補給枚数が増減することも。メインとなる将軍を動かして都市の占領を目指すフェイズでは敵対する将軍同士が隣接すると戦闘が発生するが、この時には将軍の戦力を増強するのにトランプを使う。将軍は兵糧部隊から食糧を補給しなくては兵を失い、占領もできない状態になってしまうが、兵糧...

    tama_go_yaさんの「マリア」のレビュー

リプレイ 2件

  • 150
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月06日 21時01分

     二度目のマリア。一度目はルールを勘違いし、本当はできない強行軍からの突撃戦によってアレンベルグが爆散して終わった。それぞれが前回とは違う国を担当。自分は白でした。1ターン目様子見。2ターン目攻めようとすれば攻められる位置ではあるが、フランスは攻めては来ない。一方の プロイセンが北から攻め込んでくる。カードを使いたくないので1部隊損失で撤退。その後フランドルでオーストリアがフランスを攻め、フランスも1部隊損失で撤退。可もなく不可もなくの立ち上がり。3ターン目両マップでフランスが オーストリア を攻める。ボヘミアでは二ヵ所の大戦争の末、なんとどちらも引き分け。フランドルではアレンベルグが爆...

    MC流れ弾さんの「マリア」のリプレイ
  • 223
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月22日 18時56分

    久しぶりの宅ゲーム会。3人用の重量級ゲーム「マリア」を遊ぶ。概要オーストリア、フランス、プロイセンの三陣営に分かれて競い合う非対称な陣取りゲーム。3ラウンド(一年)×4回の間に規定数敵陣営の要塞と都市を占領するか、全ラウンド終了後に最もゲーム中頑張っていた勢力を判定して勝者を決める。長く、重く、細々としたルールも多々あるが、軍隊の移動や要塞の占領、戦闘の処理など基本的なルールはそれほど難しくなく、史実に沿った絶妙な調整によりなかなか一方的な展開にはならない良バランスな三人用ゲーム。序盤インスト約2時間。陣営はランダムで、それぞれオーストリア、フランス、プロイセン&国事軍に決まる。初期配置...

    大石さんの「マリア」のリプレイ

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 177
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月03日 02時00分

    このゲームでは政治イベントが大きな役割を果たします。政治カードが年毎にあり、各ターンに2枚引かれ、プレイヤーは戦術カードで入札します。落札者は2枚のうちどちらかのカードに書かれたイベントを発生させる、あるいは流すことができます。イベントにはジェイキンズの耳戦争やジャコバイトの乱などの史実に沿った色付けからザクセンがプロシアからオーストリア側に裏切るものなど重大なイベントも含まれています。プロシアはシレジアの全要塞を占領すれば単独講和を打診できたり、フランスがバイエルンの敗退に乗じて勝利を緩和させるルールもあり、史実を意識したつくりとなっています。移動はリーダーによってポイント単位で移動し...

    3viewsさんの「マリア」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿