マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~6人
  • 10分前後
  • 10歳~
  • 2019年~

赤い扉と殺人鬼の鍵山科文彦さんのレビュー

326
名に参考にされています
2019年05月13日 19時28分

タイトルとゲームシステム、そして世界観との整合性が素晴らしい作品です。

ここではタイトルを各単語に区切りまして解説できればと思います。


①赤い扉

ゲームをプレイするとわかるのですが、盤面には赤い扉がずらりと並びます。

見ても不気味な扉ですが、カードの質感、手触りが素晴らしいく操作感もばっちりです。

こういった細かい点にも製作者様の配慮、こだわりを感じます。②殺人鬼

各プレイヤーは赤い扉を開いていき物語を進めていきます。ここが一番面白い所ですが、【プレイする途中で自分が殺人鬼であることを思い出します】

初めは皆でここから脱出しよう という目標が一人変化するわけですね。

目標が変化した途端自分は他の人を出し抜きつつ一人一人を殺めていく形になります。

記憶が戻り目標が変わる。このプロセスがとても自然でわかりやすく、楽しめる気もかと思います。

③鍵

脱出したいプレイヤーは鍵を探すことになります。

一緒に探してるプレイヤーが実は殺人鬼になっているかもしれない。そんな恐怖におびえながら鍵を探し、脱出できた時の喜びは素晴らしいです。


お手ごろな価格で素敵な世界を体験できる作品です!

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • kannzi yasui
  • オズプランニング
  • ぽっくり
山科文彦さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 65興味あり
  • 48経験あり
  • 16お気に入り
  • 44持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力1
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトル赤い扉と殺人鬼の鍵
原題・英題表記Akai Tobira To Satsujinki No Kagi
参加人数4人~6人(10分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格1,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク