マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 30分前後
  • 13歳~
  • 2011年~

世界の七不思議:都市Hideさんのルール/インスト

43名 が参考
0名 がナイス
3ヶ月前

1)ゲーム名:世界の七不思議:都市

2)勝利条件:ゲーム終了時にもっとも勝利点を獲得しているプレイヤー。

3)ゲームの準備:基本ゲームに追加になったルールだけを記載。

①黒色の「都市カード」が追加される。このことにより、各世代の山ごとに人数分の「都市カード」をランダムに選ぶ。

②①で選んだ「都市カード」と、基本ゲームに紫色のカード(プレイ人数+2枚)とを、基本ゲームの対応する山札に加えてシャッフルし、世代の山札とする。

③七不思議ボードは、「ビザンチィウム」と「ペトラ」の2つが追加されるが、「都市」の拡張セットを導入するときしか使用できない。

4)ゲームの進行:基本ゲームに追加になったルールだけを記載 

①各世代の開始時に各プレイヤーが受け取るカードは8枚に増える(基本ゲームだと7枚)

②黒色のカードの効果には、自分以外の他のプレイヤー全員がコインを失うものがある。適用は、ターン終了時に行う。足りない分のコイン1につき、価値「-1」の「借財トークン」を受け取る。なお、一度受け取った「借財トークン」は返済できず、ゲーム終了時の勝利点計算の際に、減点される。

③いくつかの黒色のカードとビザンチィウムの七不思議は、「外交トークン」を与える効果がある。このトークンは獲得したラウンドに軍事紛争の解決中に必ず使用しなければならない。使用するプレイヤーは、軍事紛争の解決中に紛争に参加せず、「軍事紛争トークン」を受け取らない。この「外交トークン」を使用したプレイヤーは、いないものとみなして紛争処理をする。

これ以外にチーム戦もできますが、今回の解説では割愛する。

以上

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
Hide
Hide
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 60興味あり
  • 193経験あり
  • 32お気に入り
  • 207持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力4
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル世界の七不思議:都市
原題・英題表記7 Wonders: Cities
参加人数2人~8人(30分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2011年~
参考価格3,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Hideさんの投稿

会員の新しい投稿