マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~60分
  • 10歳~
  • 2017年~

エルドラドくろねこさんのレビュー

357
名に参考にされています
2020年10月27日 17時24分

カタンやドミニオンをよくやる友だちと10回近くプレイした感想です。ゲームのルール等はみなさんの説明に譲ります。


他の方の感想で2〜3人プレイでみんな同じデッキになるのが少し面白くないというようなコメントがあったので以下のことを書きたいと思いました。

このゲームは2〜4人でプレイできるようになっていますが、4人プレイでないと面白さを発揮できないと思います。

〜〜〜〜〜〜

  • マップが決まって価値の高いカードがわかるとプレイヤーは必要なカードを買っていきます。このとき2,3人でプレイするならば必要なカードが全部買えることでしょう。
  • 一方4人プレイでは同名カードが3枚しかないので、他の3人に即座に買われて「ほしいカードが買えない」ということがよく起こります。大まかにほしいカード4種中1種買えないと言えるでしょう。ここで購入のジレンマや、どのカードを「見限るか」という選択、また運の良し悪しで「どうしても買えない」という状況に迫られます。
  • たとえば、市場にジャーナリストが残り1枚だけある場合、ジャーナリストを購入することで購買力を上げられるメリットの一方で、他の3人に億万長者を買われて億万長者が無くなるデメリットがあり、このときマップと照らし合わせて、「ジャーナリストを買って億万長者を見限るか、ジャーナリストを見限って億万長者を得る方法を模索するか、そのどちらが強いか」を考え選択しなければならなくなります。
  • 加えて、短縮ルートの選択や通せんぼう、キャンプの独り占めなどの地形による恩恵は先行するプレーヤーが享受できるため、購入したいカードを見限って先に進むかどうかもジレンマになります。

〜〜〜〜〜〜〜

このゲームの面白さは、このような序盤の選択の結果が中終盤にどう現れるか、にあると思います。4人プレイをする限り全員何かしら必要なパーツが欠けたデッキで戦うことになります。この時に欠けても困らないパーツは何か、何を見限るのかを考え選択するのがこのゲームの難しさであり、その選択によって頭を使って勝利を手にするのが本質的な魅力だと思います。もちろん運も大きいですが。


是非4人プレイでやってみてほしいです。




2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ヴァンホーン
  • Nobuaki Katou
くろねこさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 475興味あり
  • 1092経験あり
  • 335お気に入り
  • 475持ってる
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力20
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルエルドラド
原題・英題表記The Quest for El Dorado
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿