マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

マルコポーロの旅路:秘密の道The Voyages of Marco Polo: The Secret Path of Marco Polo

レーティングの登録/分布

  •  マルコポーロの旅路:秘密の道の画像

名作「マルコポーロの旅路」のミニ拡張。

この拡張では秘密の道カードという新要素と、その新要素を使うキャラクター1体、小都市タイル1枚が追加されます。

この拡張込みで何回か遊んだので、各要素の簡単な解説と感想を書かせていただきます。


【秘密の道カード】

特定の2都市間を1歩で移動できる秘密の道を、自分だけ使えるようになります。移動時の追加コスト(地図に書かれているコインやラクダ)も無視します。

カードは全部で19種類。コストが重いルートを簡単に移動できるようになったり、2歩、3歩必要な距離を1歩に短縮できたり、全く違うルートに接続できたりします。上手く活用出来れば大きくコスト軽減できますが(例えばサマルカンド←→カシュガルなら4コイン6ラクダ軽減、アダナ←→コチなら15コイン軽減!)、入手は山札からランダムに引くので、使いたい道が引けるとは限りません。不要な道を引いた場合、即座に捨てて左上に書かれたリソースを貰える最低保障が付いています。

注意点として、このカード自体は移動力を提供しないので、移動は自力で何とかしないといけません。また、ダイス配置による移動アクションそのもののコスト(1歩なら3コイン、2歩なら7コイン等)は軽減できません。あくまでも地図上の追加コストが不要になるだけです。


【追加の小都市】

ラウンドボーナスで秘密の道カードを1枚引ける小都市。一応捨てればリソースが貰えるので無駄にはなりませんが、それだと他の小都市ボーナスより少ないので、出来れば秘密の道として生かしたいところ。終盤になるほど生かせない道の可能性が高くなるので、序盤と終盤で価値が変わってきます。

地図上のコマが2つのマルコ&ニコロや、とにかく移動したいルブルックとは相性良好な小都市ですね。


【新キャラ「アンドルー・ド・ロンジュモー」】

毎ラウンド秘密の道カードを2枚引き、そのうち1枚を選んで入手できるキャラ。

最低保障だけだと明らかに弱すぎるので、このキャラで戦うなら何枚かは秘密の道として活用しないといけません。毎ターン2枚から1枚選ぶことから、5ラウンドで10枚、全体19枚の半分以上を見ることができるので、ある程度秘密の道をあてにして無茶なルート、目的地カードも選択していけるでしょう。

とはいえドローはランダムなので、全然希望のカードが引けなかったり、終盤にやっと引けたりと、どうにも不安定ですね。せめて目的地カードを選択する前に最初の秘密の道カードが欲しかったです。はまればとんでもない動きができますが、数回プレイした結果だいたい下位に沈んでしまった印象です。上手く能力を使いこなせてないだけかもですが、、、


※アンドルー・ド・ロンジュモーはフランスのロンジュモーという町の宣教師。同じくフランスの宣教師ルブルック(マルコポーロの旅路のキャラ)より前にモンゴルに派遣されましたが、成果は思わしくなかったようです。


【まとめ】

ミニ拡張と言うだけあって、追加要素は簡単かつ少なめです。

そもそもマルコポーロの旅路は最初に都市アクションの配置や目的地カードを見て完全に移動ルートを計画するゲームなので、計画に合うカード以外はほとんど捨てることになってしまうでしょう。当たりハズレの運要素が強く、計画的に活用しにくいのは難点ですね。

一方でアダナ、コチ、スマトラといった行き止まりのような都市にアクセスしやすくなったり、普段は絶対できないルートで旅したりと、いつもとちょっと違うマルコポーロを楽しめるのは良い点です。

要素として蛇足感があり、必要度はかなり低めな拡張だと思いますが、時々導入するとちょっとした味変になって良いのではないでしょうか。元々リプレイ性、中毒性が高いゲームなので、わずかな変化でも益々長く楽しめると思います。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:ハナ
  • 31興味あり
  • 40経験あり
  • 8お気に入り
  • 64持ってる
テーマ/フレーバー
舞台の時代背景
ゲームの基本目的
政治経済/各種産業
作品データ
タイトル マルコポーロの旅路:秘密の道
原題・英題表記The Voyages of Marco Polo: The Secret Path of Marco Polo
参加人数2人~4人
プレイ時間40分~100分
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人-非公開
9点の人-非公開
8点の人-非公開
7点の人-非公開
6点の人-非公開
5点の人-非公開
4点の人-非公開
3点の人-非公開
2点の人-非公開
1点の人-非公開
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

466名
2名
0
画像
充実
名作「マルコポーロの旅路」のミニ拡張。この拡張では秘密の道カードという新要素と、その新要素を使うキャラクター1体、小都市タイル1枚が追加されます。この拡張込みで何回か遊んだので、各要素の簡単な解説と感想を書かせていただきます。【秘密の道カード】特定の2都市間を1歩で移動でき...
続きを読む(2ヶ月前)
ハナ
ハナ

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿