マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~10人
  • 30分~40分
  • 8歳~
  • 1994年~

フォレロッテねるさんのレビュー

25
名に参考にされています
2016年03月06日 19時28分

GREEDに似た(ほぼ)ダイスゲーム。
6つのダイスを振って役を作り点数を稼ぎ、誰かが既定の点数に達したら勝利。
ほぼ運によって勝敗が決まるが、そここそを最も楽しむゲーム。

手番ではカードを1枚めくり、その後ダイスを振る。
カードは後述のフォレロッテボーナス、バースト回避から自手番がスキップされるなど様々な効果がある。
ダイスロールでは出た目のうち役をキープでき、役が出る限り3度まで振ることができる。
役が出れば降りることが出来、さらに振るか点数を獲得して終了するかを選ぶことが出来る。
しかし、役が出なければその時点でバーストとなり、点数は0点になる。
1と5の目はそれだけで役となり、その他にそれぞれの目を3つ出せば役になる。
6つのダイスすべてを役として確定させたとき、フォレロッテとなり、獲得した点数を上乗せしてもう一度手番処理を行うことができる。(つまり、カードをめくり、ダイスを6つ降る)
しかし、その手番でバーストしてしまうと点数も0となってしまう。
そしてそのロールでフォレロッテすればさらに手番は続く。
そしてその次もフォレロッテすればその次も...ということも可能性としてあり得る!

最初に述べた通り運一辺倒のゲームであり、戦略性には乏しい。
めくられるカードには状況を一変させる可能性のあるものが多く、それがなくともフォレロッテさえすれば一気に勝利する可能性はある!
といった派手な逆転劇も起こりうるが何もなく点数の伸びたものがただ勝つだけのこともある。
ゲーム終了得点を下げて何度もプレイして欲しいゲームである。
運の盛衰に盛り上がるゲームとしておすすめしたい!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ねるさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 34経験あり
  • 3お気に入り
  • 29持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルフォレロッテ
原題・英題表記Volle Lotte!
参加人数2人~10人(30分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期1994年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワークスカル ジョニー
関連企業/団体アバクスシュピーレ(Abacus Spiele)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク