マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~10人
  • 20分前後
  • 6歳~
  • 2009年~

君はロボットねるさんのレビュー

27
名に参考にされています
2016年03月08日 09時05分

博士とロボットの2人1組のチームに分かれ、他のチームより早くお題カードに示されたポーズをロボットに取らせるアクションゲーム。(奇数人で遊べるルールも一応ある)
主に博士がロボットに指示を与える方法は3種類のカードを指でタップすることのみで言葉は「ストップ」しかいうことはできない。

3種類のカードは裏表あり、
・全身/腕
・物を掴んでいる絵/顔(この面は「自分で考えて」という意味がある)
・矢印(方向/ローテーション)
が描かれている。
カードの意味をそのままとらえるだけでは達成できないようなポーズもあるので
博士側の発想力、ロボット側の理解力が必要になる。
1枚のお題カードには2つポーズが描かれており、どちらにするか博士側で相談をする。
ポーズの難度は3段階あり、難度が上がるにつれカオスなものばかりになる。

表現が制限された中で目的のポーズを取らせるために試行錯誤するのが楽しいパーティーゲーム。
目的のポーズもユニークなものばかりで何度もプレイしたくなる。

すこーーしマイナス点としては
・各ペアに対して椅子と机が1組必要(机はでかいのがひとつあればいいかも)
なくても不可能ではないが。
・「自分で考えて」カード
めんどくさい指示を与えずにこのカードを提示して完成しかけている他人と同じポーズを取らせるといったことが出来てしまう。
・奇数人でのルール
偶数人ではチーム戦となるが、奇数人だと個人戦になる。(毎回相方が変わる。余った一人は審判)
そのため相方があと1点で勝利するプレイヤーになると勝ちにいきづらい。
他にも「詰み」となる場合がよくある。そこはパーティーゲームと割り切るしかないだろう。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ねるさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 23経験あり
  • 2お気に入り
  • 21持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル君はロボット
原題・英題表記You Robot
参加人数4人~10人(20分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク