マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 60分~80分
  • 12歳~
  • 1983年~

アップフロントyuishiさんのレビュー

111名
2名
3ヶ月前
0

アバロンヒル社の傑作戦術級ゲーム「スコードリーダー」をベースにカードゲームにした、という斬新なデザインが話題になったゲームです。「スコードリーダー」はその後、「アドバンスド・スコードリーダー」として発展し、版元を変えて今も入手可能な作品になっていますが、一方の本作はアバロンヒル社がその後、2000年前後にハズブロに買収された後、再版などもされることなく今に至っているという幻の作品になっています。

実際プレイしてみると、プレイ感覚はマップを使わない分、想像力で補完は必要ですが、見事に戦術級ゲームとして成り立っていることが驚きです。

第二次世界大戦における欧州の戦いを扱っており、登場する軍隊は、ドイツ、アメリカ、ソ連になっています。兵士は1人単位。プレイヤーは1個分隊、約10人前後の規模の小部隊を率い、戦闘を行うことになります。ゲームには復数のシナリオが含まれており、段階的に使用する兵器や状況、ルールが追加されていくというスタイルになっています。最終的にはハーフトラック、や装甲車両も登場するようです。

ゲーム時間はひとつのシナリオで1時間程度とこうしたウォーゲームとしてはコンパクトに収まっており、マップがない分、プレイに大きな場所を必要としない点もよいです。

ゲームはその後、日本軍を扱った太平洋戦線版なども発売されています(ボックスアートの日本兵の絵が国辱モノなのですが、80年代のアメリカの反日の風潮を反映したものなのかな、とも思ったりします)。

ゲームの紹介は次のところで行っています。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
◎ぐっさん
maichi_gm
大賢者
yuishi
yuishi
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 48経験あり
  • 21お気に入り
  • 45持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

yuishiさんの投稿

会員の新しい投稿