マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 60分~80分
  • 12歳~
  • 1983年~

アップフロント2件のレビュー

  • 112
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月06日 12時31分
    このカードゲームは、できる限り歩兵戦闘をカードだけでプレイ可能なようにデザインされています。問題は、ルールがかなりの分量があり、半分程度は読まないとプレイはできないことです。敷居は高いのですが、車両の登場しないシナリオをプレイする限り、射撃戦闘のみになるので比較的平易になるでしょう。また、有志の方やジェネラル誌で追加のシナリオも発表され、プレイ環境は現在でも維持できています。このアップフロント自体非常に売れたため、後発モジュールとして、バンザイ(日本とイギリス)とデザート・ウォー(イタリアとフランス)が登場しています。マガジン坊やさんの「アップフロント」のレビュー
  • 330
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月15日 21時18分
    このゲームの発売当時、ウォーシミュレーションゲームは複雑化、巨大化の一途をたどり、明らかにホビーとして閉塞感を見せていた。それに対して業界の最大手だったアバロンヒル社は、いくつかの実験的な(しかし完成度の高い)ゲームをリリースして、新しい可能性を開拓しようとしていた。このゲームはそのもっとも成功した例となった(と、記憶している)。ディテールを細かいルールで再現する方向に向かい、複雑化する一方だったシミュレーションゲーム界の流れに対して、このゲームが示したのは大胆な抽象化だった。テーマとしては、第二次世界大戦の歩兵同士の戦闘で、プレイヤーは10名程度の分隊を2,3個の班に分けてそれを指揮す...sokuri3510さんの「アップフロント」のレビュー

会員の新しい投稿