マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ツンダールTsundaru

所謂、落ちゲーをカードゲームにした内容のゲームです。
小3の息子と2人で対戦しましたが、ルールは簡単でインストは3分程度で、直ぐに実戦に入れました。
カードの種類は、色が青、赤、黄色の3種類で、絵柄が蛇、フクロウ、猫の3種類で、それぞれ5枚ずつの計45枚でプレイします。
まず、プレイに際しては、土台として4枚を1番下に置き、その1段上に手札を置いていきます。手札2枚で、自分の手番では、場にカードを1枚置いて、山札から1枚を引くだけです。
具体的なルールは、非常にビジュアルチックなマニュアルに書いてあるので省略しますが、上下左右に同じ色か、同じ絵柄があった場合に、手札とは別にカードを引き取らなければいけません。
このゲームは勝敗の決め方が秀逸で、その決め方は2種類です。
1つ目は、カードを2回引き取ると負けになります。
2つ目は、カードを引き取った際に、合計15枚引き取った方が勝ちになります。
そのため、相手にどう引き取らすか、引き取らせても15枚以上にならないかを考えながら、プレイする必要があります。
息子とプレイした後、息子から簡単だけど、凄く頭を使うゲームだったと言われました。私も同感でしたが、1プレイ長考しても、せいぜい10分掛からない程度で終わるはずです。
なので、終わった瞬間に「もう1回!」と繰り返しプレイしたくなる良いゲームだと思います。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:Nobuaki Katou
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 124経験あり
  • 14お気に入り
  • 80持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルツンダール
原題・英題表記Tsundaru
参加人数2人~4人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格2,100円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体グランディング(Grounding)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 135
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月16日 23時43分

    6/10ぷよぷよをカードゲームにした感じの超お手軽ゲーム。お手軽レベルはごきぶりポーカークラス。手札は2枚。4列に上からカードを並べていく感じで、色か動物がそろうと、自分の手元に置かなければならず、それを2回やってしまうと負けのサバイバル。だが、2回やって、15枚以上獲得すると、その時点で勝ちという面白いジレンマがある。絶対とらないか、あえてめっちゃ取るかの2択の決断が面白いのだが、戦略性があるのかといえば、何しろ手札が2枚なところと、動物も色も3種類しかないので、選びようがない気もしなくもない。少人数だとそこそこガチっぽく、大人数だとパーティゲームになる感じ。なので、ボードゲーム慣れし...

    白州さんのレビューを読む
  • 137
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月09日 22時13分

    所謂、落ちゲーをカードゲームにした内容のゲームです。小3の息子と2人で対戦しましたが、ルールは簡単でインストは3分程度で、直ぐに実戦に入れました。カードの種類は、色が青、赤、黄色の3種類で、絵柄が蛇、フクロウ、猫の3種類で、それぞれ5枚ずつの計45枚でプレイします。まず、プレイに際しては、土台として4枚を1番下に置き、その1段上に手札を置いていきます。手札2枚で、自分の手番では、場にカードを1枚置いて、山札から1枚を引くだけです。具体的なルールは、非常にビジュアルチックなマニュアルに書いてあるので省略しますが、上下左右に同じ色か、同じ絵柄があった場合に、手札とは別にカードを引き取らなけれ...

    Nobuaki Katouさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月09日 23時34分

    本来、カードを引き取ってはまずいゲームだが、2人などの極少数プレイの場合、引き取り手が少ないので、1人のところに回ってくるカードが多くなる。2人プレイの場合は15枚集めるという勝利方法が至極簡単になる。むしろ仮に自分が回収を回避したとしても相手が回収することになるので場が広がったら先に回収すべき。

    kentuckytarr2さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク