マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2005年~
170
名に参考にされています
2019年04月20日 08時16分

狩りになぞらえて、4シーズンで競うトリックテイキングゲーム。

4人なら1〜12の12枚を4種類で計48枚、3人なら3枚抜いて9枚を4種類で計36枚のカードでプレイします。

カードの種類は熊(赤)、オオカミ(青)、イノシシ(緑)、ムフロン(黄)の4種類になります。

一番の特色として、シーズンが終わった後に札のリシャッフルなどは行われず、前のシーズンで得たカードで次のシーズンをプレイすることになります。

トリックテイキングなので手番プレイヤーが出したカードの種類(色)でマストフォローすることになるわけですが、シーズンでは切り札カードが用意されています。

なので全部で4シーズンをプレイするわけですが、次のシーズンの切り札はわかっているので、それを考えながらプレイしていくことになります。


とは言え、3シーズン目までは4勝してしまうと手札は他の人にタダで渡していくことになるので、手札管理がものすごく悩ましい!

次のシーズンのために例えば熊を揃えるぞ!と思っても、熊を揃えるには今のシーズンで勝つための札がないとなかなか集められず。

リシャッフルが入らないので、ある程度前のシーズンであのカードは相手が持っているな、というのもわかるので、カードの切りどころが本当に悩みどころ。

ゲームパッケにも書かれているとおり、まさに「次の狩りのために。次の次の狩りのために。」。


カードにリシャッフルを入れない関係上、3〜4人でしか遊べないというところで汎用性には欠けるところはあるのですが、マストフォロー・切り札カードのあるトリックテイキングを知ることもできる良いゲームですね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
兄者さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 170経験あり
  • 34お気に入り
  • 127持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力7
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルトランプ、トリックス、ゲーム!
原題・英題表記Trump, Tricks, Game!
参加人数3人~4人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2005年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインギュンター・ブルクハルト(Günter Burkhardt)
アートワーク未登録
関連企業/団体ファランクス ゲームズ(Phalanx Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

兄者さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク