マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

テンプル騎士団の徴兵Templars' Journey

エルサレムを目指してカードをプレイ。相手の思惑を読み、騎士を配置しよう。

 各プレーヤーは、ヨーロッパの各都市に自分のコマ(騎士)を送り込み、船でエルサレムを目指します。

 プレイの中枢はカードプレイです。6枚あるカードのうち1枚を選び同時に公開して解決する方法です。

 6枚のカードは2枚ずつ3組に分かれています。1と2のカードはお金を得るカードです。3と4は都市に自分の騎士を送り込むカードです。騎士の配置にはお金が必要です。5と6は騎士を送り込むために必要な騎士団の移動です。3組のカードそれぞれには、安全なカードと危険なカードがあります。危険なカードは大きな効果を得られる可能性がありますが、同じ組のカードを選んでいるプレーヤーが規定数以上いたら、ペナルティーを科される可能性があります。

 1のカードは自分の騎士団がいるエリアまたはそれに隣接するエリアから3金獲得できます。2のカードを選んだら、騎士団がいるエリアまたは隣接するエリアにあるお金をすべて獲得できます。ただし、1と2のカードを選んだプレーヤーが規定数以上いたら、2金しか得られないだけでなく、既に配置されている自分の騎士を1つ除去する必要がります。

 4のカードは、自分の騎士団がいるエリアに、自分の騎士を配置するか他のプレーヤーの騎士を除去するかができます。3のカードなら、他のプレーヤーの騎士を除去してなおかつ自分の騎士を置けます。ただし、この場合も3と4のカードを選んだプレーヤーが規定数以上いたら、他のプレーヤーの騎士を除去することはできますが、自分の騎士ををくことはできません。また、自分の騎士を1つ除去する必要があります。

 6のカードを選んだら自分の騎士団を移動させ、そこに状況により自分の騎士を置くか他のプレーヤーの騎士を除去できます。5のカードを選んだら、騎士団を3マスまで移動させ、移動途中のマスでお金を得ることができたうえ、得点計算が行われる都市を交換できます。

 ゲームは大きく3ランドの得点計算があり、各ラウンド2つの都市が得点計算されます。得点計算する都市を交換できるのは大きな効果です。ただ、この場合も5と6のカードを選んだプレーヤーが規定以上いたら、移動中に得られる金は1金のみで、自分の騎士を除去する必要がります。もちろん得点計算する都市を交換はできません。

 誰が何をしたがっているか、何をしようとしているかを、よく読んで自分のカードを選択する必要があります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 12経験あり
  • 0お気に入り
  • 13持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルテンプル騎士団の徴兵
原題・英題表記Templars' Journey
参加人数3人~5人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 191
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月08日 12時23分

    【はじめに】2017年にQueenGames社から発売された中量級のボードゲームです。デザイナーはヤニー・モリスとテロ・モリス、今までいくつかのゲームを発表している兄弟デザイナーです。現在は、和訳付き版が国内流通しています。ゲーム自体は十字軍に派遣する騎士団員を徴兵するためにヨーロッパ各都市で人員集めを行いますが、最もその人員集めに貢献した人物(プレイヤー)が勝利します。ルールは各都市のエリアマジョリティと、アクションのバッティングが主となっています。【ルールの簡単な説明】スタートプレイヤーから時計回りの順番で手番を行います。各手番では、教皇駒を進めて手番プレイヤーのみのアクションを行い...

    moroさんのレビューを読む
  • 55
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月11日 23時09分

    カードのアイコンが分かり辛く、非常にストレスを感じる。司教が一歩進むのと、決算のタイミングも明確ではないので、プレイヤーの不公平感が大きく、モヤッとする。2度遊ぶ気になれない。

    sasaoyaji1さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク