マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~40分
  • 6歳~
  • 2018年~

すずめ雀やぶさんのレビュー

176
名に参考にされています
2019年09月20日 22時49分

ガーデンゲームズさんのブログで紹介されていたすずめ雀二人用変則ルール、7歩をやってみました。

http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-entry-1935.html

名前から想像できる通り、カイジの17歩をヒントに考えたそうです。


ルールは、まずお互いに15枚の牌を引き、そこから7点以上のテンパイ手牌(5枚)を作り、余った10枚を捨て牌候補にしてそのうち7枚を交互に切っていきます。

ツモはありませんのでロン上がりのみになります。


手作りに関してですが、字牌の扱いに悩みます。

中が3枚あればそれだけで5点になりますが、2枚だった際に中待ちにしても相手はそう簡単に切ってくれません。

かといって捨て牌候補にしてもこちらも簡単に切ることは出来ないのでかなりのジレンマです。

發は役牌の無いすずめ雀では使いにくく、3枚あったらだいたい手牌ではなく安牌候補になります。

そのため、2枚や1枚のときもつい安牌のように切ってしまうことが多いのですが、そこを逆手に取ってチャンタやドラを駆使して待たれたりします。

7点以上というのがやり始めは難しく感じましたが、結局お互いに7点以上の手を作れなかったということはありませんでした。


捨て牌に関してですが、發や中の3枚切りでもしない限り、最初からクライマックスです。

多くの場合、待ちは1種、たまに2種なので確率的にはそこまですぐにあたられるわけではないのですが…。

それでも自分の牌を眺めながら相手の考えを読んで切っていくのはまさに地雷原のなかを進んでいくかのようです。

そんな中、相手の捨て牌にあわせ打ちできるときの安堵感はかなりのもの。

それでもお互い麻雀を知っていたもの同士だったためか、当たり牌をきっちり残して終わることも多かったです。


麻雀で17歩をやるよりも簡単に準備ができテンポも良く、種類が少ない分ヒリヒリとした感じは麻雀以上だと思いますので是非試してみてください。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • みなと minato@麻雀,ボドゲ,音楽
  • ビーロー
  • Nobuaki Katou
やぶさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 101興味あり
  • 650経験あり
  • 145お気に入り
  • 393持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率20
戦略・判断力15
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルすずめ雀
原題・英題表記Suzume Jong
参加人数2人~5人(30分~40分)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格3,400円
クレジット
ゲームデザイン丸田 康司(Koji Maruta)篠崎 高広(Takahiro Shinozaki)
アートワーク未登録
関連企業/団体すごろくや(Sugorokuya)
拡張/関連元麻雀(Mahjong)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿