マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

さかな、さざなみ、さようならFish, Farewell, Forever

  • さかな、さざなみ、さようならの画像
  • さかな、さざなみ、さようならの画像
  • さかな、さざなみ、さようならの画像

煩悩を捨てて無を目指す、デッキ解体カードゲーム


「シェフィ」のポーン氏デザインのカードゲーム。徳(コスト)カードやアクションカードを使用して手札からカードを「彼岸」へと解放(除外)していき、最終的に山札、手札を0にできれば勝利。

山札が尽きて引けなくなったら、捨て札をシャッフルし直すが、その際彼岸から「超彼岸」へとカードをを2枚コストとして支払う必要がある。超彼岸に送れるカードがなくなってしまったら敗北となる。

 

便利なアクションカードや高い徳カードの解放コストは高めの設定になっているので、どのタイミングでそれらへの執着を捨てて解放していくのか、というデッキ圧縮・解体の戦略が必要となる。

さらに、すべてのカードを彼岸に送った後、彼岸のカードを用いて山札置き場、説明書、内箱(彼岸・超彼岸トレイ)すらも超解放し、プレイエリアを完全に「無」にすることも可能となっている。そうするためにはさらに効率のいい解放ペースが必要とされるだろう。

(何度かプレイして通常の勝利条件は満たせたが、一番コストの軽い内箱も解放できていない……)

 

書道家の手によるアートや、英タイトルの「Fish, Farewell, Forever」も日本語タイトル同様に韻を踏みつつ、わかったような分からんような、というテーマをよく表しているのではないだろうか。

(ゲーム自体の存在感も若干儚く、ほとんど偶然リリースを知りつつも、通販などではそもそも扱っていないかすでに売り切れの状態で、店頭でたまたま見つけた、というのもなんだか出来過ぎている気がする……)

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:だいすけ
マイボードゲーム登録者
  • 61興味あり
  • 47経験あり
  • 12お気に入り
  • 77持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルさかな、さざなみ、さようなら
原題・英題表記Fish, Farewell, Forever
参加人数1人用(15分前後)
対象年齢15歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインポーン(Pawn)
アートワークオオバ レイコ(Reiko Ohba)
関連企業/団体冒険(Bouken)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

95名が参考
(2021年02月15日 19時47分)
カード【煩悩】を解放して無に帰すコンセプトのゲーム。シェフィの同じ方々が作成されているソリティア系の一人用ゲームです。後半にいくに連れカードが解放されてなくなっていくのでどのカードをどう残すのか、どこまでで解放するのかが重要です。システム的に運よりも戦略が重要なのでカードの...
続きを読む(ペッカーさんの「さかな、さざなみ、さようなら」のレビュー)
将軍
ペッカー
ペッカー
109名が参考
(2020年06月06日 09時31分)
2/5点ソロプレイ専用デッキ解体ゲーム。全てのカードを解放(除外)していくのだがカードに記載されてるコスト分の徳が必要。カードには1~3の徳カードの他にも3枚ドロー解放枠増やし徳3増やし他能力コピーなど様々。強力なカードは出来るだけ残しておきたいのだがそれらのカードの解放コ...
続きを読む(ワタル@ボドゲさんの「さかな、さざなみ、さようなら」のレビュー)
仙人
ワタル@ボドゲ
ワタル@ボドゲ
213名が参考
(2020年01月26日 11時09分)
自宅で、1人でプレイした感想です。シェフィやゴリティアなどをデザインしたポーンさんによる、煩悩に苦しむ衆生を救うことをテーマにしたデッキ解体ゲームです。ゲームの目的は、30枚のカードからなるデッキを色欲、財欲、食欲などの煩悩を捨て、悟り、因、縁といった人生の経験を手放し、最...
続きを読む(Nobuaki Katouさんの「さかな、さざなみ、さようなら」のレビュー)
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
340名が参考
(2020年01月03日 22時50分)
煩悩を捨てて無を目指す、デッキ解体カードゲーム「シェフィ」のポーン氏デザインのカードゲーム。徳(コスト)カードやアクションカードを使用して手札からカードを「彼岸」へと解放(除外)していき、最終的に山札、手札を0にできれば勝利。山札が尽きて引けなくなったら、捨て札をシャッフル...
続きを読む(だいすけさんの「さかな、さざなみ、さようなら」のレビュー)
だいすけ
だいすけ

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

105名が参考
(2020年04月30日 20時17分)
4回目のプレイでゲームをクリアしました。基本的には、まず煩悩カードから解放していくことになります。「財欲」「色欲」といったカードは、「因」などを駆使して処理していきたいところです。煩悩を処理するばかりではゲームをクリアできません。「徳」の処理にも悩まされます。特に、最も高い...
続きを読む(はちさんの「さかな、さざなみ、さようなら」の戦略やコツ)
勇者
はち
はち

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿