マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2018年~

シチューぴぴぴさんのレビュー

59名
1名
0
4ヶ月前

限られた情報でシチューの完成タイミングを見極めるブラフゲーム。

【概要】

「ダンジョンオブマンダム」のルールを真逆にしたゲームです。

シチューの完成を目指してみんなでポットに具材を集め、完成したと思ったら早い者勝ちで「シチュー!」を宣言します。ポットを確認して、本当に完成していたら宣言者が2点、失敗なら残りの全員が1点を獲得します。具材は裏向きで集めていくので、自分以外のプレイヤーがどんな具材を持ってきたかはわかりません。

また場には6匹の害獣がいて、得点計算の直前に具材を盗み食いしてしまいます。自分の手番では、山札から具材を1枚引き、ポットに入れるか、害獣に投げつけるか選べます。具材を投げつけられた害獣は盗み食いをしなくなります。

害獣ごとに「どの具材を盗み食いするか」が決まっているので、たとえばあるプレイヤーが「ニンニクを盗み食いする害獣」を黙らせにいった場合、「あいつはポットにニンニクが入っていることを知ってるのか…?」と読むことができたりします (そして読みはよく外れます)。

高級食材がすでに入っているかのように見せかければ、誰かが誤解して早めに「シチュー!」宣言をしてくれるかもしれません。そんなブラフゲームです。

【良いところ:カード18枚の超コンパクトブラフゲーム】

カード18枚だけで実装されているので、とてもコンパクトです。その割に4人プレイまで対応しています。

またルールもシンプル、準備も簡単なので、手っ取り早く遊ぶことができます。

【良いところ:運ゲーでもないけど、読み合いゲーでもないバランス感】

基本的には他のプレイヤーの行動や、自分が投入した具材を思い出しながら宣言のタイミングをはかるゲームです。が、行動の解釈にかなり幅があるので、ガチガチの読み合いにはなりません。どちらかというと心理戦や運の要素の方が強いです。

たとえばニンニクのカードは「ポットに1枚だけ入っているときは6点だが、2枚だと入れ過ぎで1点に下がる」という性質を持っています。あるプレイヤーが「ニンニクを盗み食いする害獣」を黙らせたとき、パッと思いつくだけでもこれだけの解釈が考えられます:

  • そのプレイヤーはニンニクが1つ入っていることを知っているので、害獣にそのニンニクを取らせないようにしつつ、他のメンバーに「もうニンニク入ってるからこれ以上入れるなよ!」と伝えようとしている(素直パターン)
  • そのプレイヤーはニンニクが1つも入っていないことを知っていて、他のプレイヤーが誤解して「ニンニクをポットに入れない」選択をすることを期待している(いじわるパターン1)
  • そのプレイヤーはニンニクがすでに2つ入っていることを知っていて、ニンニクをあえて害獣に取らせないことで、「入れすぎ」の減点を狙おうとしている(いじわるパターン2)
  • 序盤で情報が全然ないので、とりあえず投げつけてみただけ(勘パターン)

軽めのパーティゲームを遊びたいけど、運ゲーっぽすぎるのは嫌、適度にドキドキしたい、というメンバーにオススメです。

【良いところ:PnP 版がある】

公式で印刷用のデータが販売されているため、自宅でプリントして遊ぶこともでき、入手性が良いです。日本未発売と思われるエキスパンションも印刷版なら手に入ります。

英語ではありますが、出てくる単語が CHICKEN とか POTATO とかなので、なんとかなると思います。

【惜しかったところ:盛り上がるかはメンバー次第かも】

得点でリードできる行動は「宣言して成功する」だけなので、基本的には「シチューの完成を目指して素直にゲームを進めて、チャレンジ権を取り合う」ゲームになります。宣言の速いイケイケドンドンなプレイヤーがいるときに、あえてシチューの完成を遅らせるような行動を取って罠にかけることはできますが、妨害に成功しても自分に点が入るわけではないので、それだけでは勝てないバランスになっています。

が、ゲーム慣れしていないメンバーで遊んだり、インストでゲーム性をうまく伝えることができなかったりすると、自分の勝ちを放棄して毎回シチューの完成を妨害しようとするプレイヤーが現れてしまうことがあります。本気で妨害すると「山札をほとんど使ってもまだシチューが未完成」という場合も出てくるので、ゲームのテンポがかなり下がってしまう(誰も宣言をしなくなる)可能性があります。

「ダンジョンオブマンダム」は「最後まで残った人がチャレンジする」システムで、常に「自分がチャレンジさせられる可能性」があるため自然と抑制が効きますが、こちらは「チャレンジしたい人が名乗り出る」システムになっているのでそうもいきません。

ルールは簡単なゲームですが、ある程度ゲーム慣れしたメンバーで遊ぶのがおすすめかもしれないです。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
あんちっく
大賢者
ぴぴぴ
ぴぴぴ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 60経験あり
  • 11お気に入り
  • 33持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

ぴぴぴさんの投稿

会員の新しい投稿